固定資産税(償却資産)講座

第11回:誤らない固定資産税(償却資産)申告書の書き方(1)

一般財団法人 資産評価システム研究センター  特任講師 笹目 孝夫
最終更新日:
2017年12月13日

固定資産税(償却資産)申告について

 今年も日本中たくさんの自治体で、研修の講師をさせていただいています。企業、個人、税務担当者からの固定資産税(償却資産)申告の方法についても、依頼があれば受け付けているのですが、残念なことに、ほとんど依頼がありません。

 固定資産税(償却資産)は、税務署と同じように、企業、個人へ申告内容の調査が行われています。そして、ふいに地方税務職員が調査に訪れ、決算書等の経理処理内容と固定資産税(償却資産)申告の整合性を確認し追徴課税が発生することもあります。しかし、マスコミに報道されることが少ないためなのか認知度がとても低いのです。

 今の時期は、多くの自治体から固定資産税(償却資産)申告書が発送され、もうすぐ、手元に届く状態になっていると思います。12月末までに固定資産税(償却資産)申告書が手元に届き、来年2018年1月末が、ちょうど申告書の締め切りとなる自治体が多い(納期限も自治体によって異なります)ので、ここで、固定資産税(償却資産)申告書の記入で、誤りやすいポイントを示していきたいと思います。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

sasame_photo

一般財団法人 資産評価システム研究センター  特任講師
笹目 孝夫

経歴
  • ・1979年 横浜市入庁(主税部財政局および区役所にて固定資産税部門専任職)
  • ・2015年 横浜市主税部財政局税務課償却資産センター退職
  • ・総務省主催「償却資産の実地調査研究委員会」委員歴任
  • ・全国自治体にて、固定資産税(償却資産)実地調査講演、全国版研修ビデオ、研修教材作成等
  • ・一般財団法人 資産評価システム研究センター特任講師
その他
笹目孝夫のブログ・オフィスささめ
元税務調査員の 「固定資産税(償却資産)申告と実地調査」講座

特別企画、サービス