固定資産税(償却資産)講座

固定資産税(償却資産)講座 第4回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(4)

一般財団法人 資産評価システム研究センター  特任講師 笹目 孝夫
最終更新日:
2017年04月14日

 キャシュフロー経営と税務調査

前回は「虚偽」の固定資産台帳の提示について書きました。地方税務職員が、固定資産台帳の「虚偽」について、指摘します。すると、担当者から「これは虚偽でも、ましてや悪意でもない」といわれるときがあります。

そして、さらに地方税務職員が問い詰めると、中小企業の人の中には「役所や、大企業とは、そもそも違うのだ。そんなきれいごとでは、経営は務まらない」とつぶやく人が現れます。「今は、企業としては社員の給与を払うこと、資金繰りを考え、事業拡大すること、販売不振を打開することなどを優先すべきなのだ」と力説します。そして、そのような企業は、誠実に忠告をしてくれる税理士の声には耳を貸さず、とりあえず合わせてくれる税理士にくら替えするというようなことも起こってきます。

一般財団法人 企業共済協会の「企業倒産調査年報(2015年度)」によると倒産原因の1位は「販売不振」で、2位は「既往のしわよせ」(会社の業績が悪化していく中、現状から目を背け、指をくわえて状況を見守っていた結果による倒産)となっています。

そこで、ほとんどの経営者は「販売不振」「既往のしわよせ」を避けるためにも、「売上高」「原価率」「人件費」などを考えます。そして、まずはキャシュフローを、重要と考え、キャシュフロー根幹とした経営を実践していきます。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

sasame_photo

一般財団法人 資産評価システム研究センター  特任講師
笹目 孝夫

経歴
  • ・1979年 横浜市入庁(主税部財政局および区役所にて固定資産税部門専任職)
  • ・2015年 横浜市主税部財政局税務課償却資産センター退職
  • ・総務省主催「償却資産の実地調査研究委員会」委員歴任
  • ・全国自治体にて、固定資産税(償却資産)実地調査講演、全国版研修ビデオ、研修教材作成等
  • ・一般財団法人 資産評価システム研究センター特任講師
その他
笹目孝夫のブログ・オフィスささめ
元税務調査員の 「固定資産税(償却資産)申告と実地調査」講座

固定資産税(償却資産)講座」の記事

2021年01月08日
固定資産税(償却資産)講座 第14回:コロナ特例
2018年05月11日
固定資産税(償却資産)講座 第13回:誤らない固定資産税(償却資産)申告書の書き方(3)
2018年01月25日
固定資産税(償却資産)講座 第12回:誤らない固定資産税(償却資産)申告書の書き方(2)
2017年12月13日
固定資産税(償却資産)講座 第11回:誤らない固定資産税(償却資産)申告書の書き方(1)
2017年10月20日
固定資産税(償却資産)講座 第10回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(10)
2017年09月28日
固定資産税(償却資産)講座 第9回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(9)
2017年07月24日
固定資産税(償却資産)講座 第8回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(8)
2017年06月26日
固定資産税(償却資産)講座 第7回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(7)
2017年05月26日
固定資産税(償却資産)講座 第6回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(6)
2017年04月28日
固定資産税(償却資産)講座 第5回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(5)
2017年04月14日
固定資産税(償却資産)講座 第4回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(4)
2017年03月30日
固定資産税(償却資産)講座 第3回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(3)
2017年03月06日
固定資産税(償却資産)講座 第2回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(2)
2017年02月21日
固定資産税(償却資産)講座 第1回:固定資産台帳作成が経営の根幹だった(1)

関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス