月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務の現場から】ゲーム感覚の残業時間予測制度で、楽しみながら働き方改革を推進!

2019-09-12 10:12

人生を豊かにする働き方を目指し、改革をスタート

gdo01.jpg 同社の働き方改革への取り組みは早く、2013年には始まっていた。「ベンチャー企業からスタートした当社も、会社のステージが上がるにつれ、生産性の向上が経営の課題になっていました。ゴルフというレジャーをビジネスにしているからには、自分たちからオン・オフのメリハリのる働き方に変えていこう、と。『ワークファスト(Work Fast)』をキーワードに、全社にメッセージを発信したのが始まりです」と、人事・総務本部 人事企画室室長の菊池一恵さんは振り返る。
 ワークファストとは、ゴルフ用語の「プレーファスト(Play Fast)」(ゴルフをするときには、早く速やかにプレーすることがかっこいいという考え方。マナー)になぞらえたもの。プレーファストのように、「早く仕事が終わって成果が出せている人はかっこいい」というイメージだ。トップや担当役員自らが、「ワークファストチーフオフィサー」などと書かれたTシャツを着用し、思いの強さを示した。ゴルフ用語は社内の共通言語。社内の理解は進みやすかった。
 まずは、NO残業デーの実施や、会議の内容や時間の見直しなどからスタートし、2016年にはオフィス移転。同時期に、フレックスのコアタイムの短縮や、所定労働時間の削減など制度面も改革した。また朝方勤務を推奨し、8時30分までに出社すると、朝食とコーヒーを提供したり、7時から13時まで休憩なしで勤務して退社できる制度も導入した。「執務フロアの空調は18時半になると止まります。もちろん延長申請はできますが、残るくらいなら翌朝に」と、人事・総務本部 総務マネジメント室室長の宮内宏和さんは話す。

「早く帰る方がかっこいい」との意識が浸透

 そうした中、より時間管理の意識を高め、働き方の意識改善を促すために、2017年、人事メンバーで話し合って作ったのが「オネストジョン」制度だ。オネストジョンとは、ゴルフコンペの形式の一つで、プレー前に自分の予想スコアを決めて、どれだけ近かったかを競うゲーム。この形式になぞらえ、月の残業時間をチーム単位で予測し、その時間に近かったチームに懇親会などの費用補助を出す仕組みとした。参加は任意だが、ほとんどのチームが参加。結果、残業時間の全社平均値は下がり、チームのコミュニケーション活性化にもプラスに作用した。意識改革が進んできたため、現在は、月の残業時間が45時間を超えるメンバーがいたら、予測との誤差が少なくても賞金は出さない、と内容を改善しながら継続実施している。
 「予測表や実績は全社で見られるので、他チームの数値を見て、『自分たちも負けていられない』となる。みんな、早く帰る方がかっこいい、というような意識に変わってきたと思います。今、一九時を過ぎたら執務フロアにほとんど人はいません」(宮内さん)

自律した人材をテーマに、リモートワークも導入

 2018年には、「自律した人材」をコンセプトに、リモートワークを導入。これは自律したプロだけが利用できる制度で、利用には上長の承認がいる。人事の方で最低限のルールは定めているが、運用方法も、リモートワークをするかどうかも部署ごとに任せている。もし、「うちのチームはマネジャーの独断でリモートワークをやらない」といった相談が上がってきた場合は、メンバーの方からマネジャーに、なぜやらないのかを聞くように勧める。聞いて納得できないのであれば、「できるように働きかけましょう」とアドバイスする。基本的に、人事や総務からは細かいことはいわず、現場で議論して考えてもらう。これも自律した社員であってほしいとの思いゆえだ。
 リモートワーク導入前には、週1回、社内で完全フリーアドレスを試し、リモートワークを疑似体験。近くにメンバーや上司がいない環境で仕事をすると、どんな問題が起きるのか検証した。出てきた課題に対しては、「だからできない」ではなく、仕事のやり方を改善するきっかけにした。
 「現在、集中したいときはリモートワークにするなど、業務に応じて使い分けているようです。労務管理や成果面での問題は上がっていません」(菊池さん)。中には、「狭い自宅ではリモートワークはしづらい」との声もあるが、そういう人には会社に来てもらえばいい。それぞれがより効率のいい場所で仕事をする。あくまでもリモートワークは選択肢の1つだ。課題といえば、総務がリモートワークをできていないこと。FAQのAIチャットボットも導入しているが、相談は対面でしたいという社員も多い。そこをいかにできるようにするか。今後の課題だ。

リモートオフィスは同社らしくゴルフ施設内に

 2019年3月には、リモートオフィスを杉田ゴルフ場内のレストランの一角に設置。15人ほど収容可能で、個人でもチームでも利用できる。リモートオフィスは増やしていく方針だが、「GDOらしく、ゴルフが身近にあって、刺激を受けながら仕事ができるような場所に、ゴルフ関係の施設に作りたい。そこは譲れないところです」(宮内さん)。ちなみにリモートオフィスの名前「Tee House Sugita」は、社内公募で決めた。「また、リモートオフィスの利用レポを社内掲示板にアップしてくれた社員にはランチ補助を出すなど、利用促進の仕掛けもしています」(菊池さん)。

gdo02.jpg
 このように、「オネストジョン」だけでなく、さまざまな施策を継続してきたことが、第4回ホワイト企業アワード最優秀賞の受賞につながった。社員からは、「柔軟性の高い働き方ができ、働きやすい」との声が多く、特にパパママ社員から好評だ。
 今後はさらに、非連続ワーク(中抜けできる働き方)の導入や、リモートワークの活性化(できる場所の拡大)などを検討中。これからもGDOらしく、楽しみながら、人生を豊かにする、新しい働き方の創出を目指していく。


【会社DATA】
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)
本社:東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア8階
設立:2000年5月1日
代表者:代表取締役社長 石坂信也
資本金:14億5,800万円(2017年12月末現在)
従業員数:1,046人(連結/2018年12月末現在) ※臨時従業員数含む
https://company.golfdigest.co.jp/