「eコミュニケーショングランプリ2021」開催報告

【入賞】オリンパスメディカルサイエンス:Yammer利用促進キャンペーン!

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年10月18日
202111_026_ogp

オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社は、新たなコミュニケーションツール「Yammer」を導入。しかし当初の利用率は3%と低迷した。コミュニケーション活性化を目指し、利用促進キャンペーンを実施した成果は?

2つの障壁を突破したキャンペーンの成果

「Yammer(ヤマー)」は、マイクロソフトが提供する社内限定のソーシャルネットワークサービスです。特徴は、仕事からプライベートまで、さまざまなテーマでコミュニティを作り組織をまたいで交流できること。そしてFacebookやInstagramのような投稿・返信・共感の機能があり、気軽に利用できることが挙げられます。当社では現在、「電車好き集まれ!」「子育て奮闘中」「世界の名酒事典」など、多彩なコミュニティが立ち上がっています。

チェンジチャンピオンのみなさん。発表者は櫻井悠太さん(右から2番目)
チェンジチャンピオンのみなさん。発表者は櫻井悠太さん(右から2番目)

しかし2020年5月の導入から半年、この新ツールの利用率はたった3%と振るいませんでした。検証の結果、利用促進には2つの障壁があると気付いたのが、利用促進キャンペーン「Yammerを見て・触れて・体験しよう!」開催のきっかけです。2つの障壁とは、やり方がわからなかったり、SNSへの苦手意識からくる「開始の壁」、次に投稿へのハードルの高さや活用イメージがわかないといった「活用の壁」です。

実施したのは5日間で、対象者は全従業員935人です。キャンペーン専用コミュニティをYammer内に開設し、全13コンテンツをスケジュールを組んで配信。事前に全29拠点にキャンペーンポスターを掲示し、拠点メンバーにポスターを入れた写真を撮影して公開してもらうなど、周知しつつ盛り上げました。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Web会議の悩みは「テレキューブ」で解消! ポストコロナを見据えた会議室の在り方 PR
  • 「電話」が変われば働き方も変わる! 固定電話の悩みを解決 Teams電話でリモートワークを一気に加速 PR
  • 情報収集が危機管理の鍵 正確性と即時性を兼ね備えたサービス PR

特別企画、サービス