「eコミュニケーショングランプリ2021」開催報告

【グランプリ】ウイングアーク1st:ウォーキング大会で支社巡り上司を巻き込み、社員8割が参加

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年10月08日
202111_018_ogp

健康経営を目指し、ウイングアーク1st株式会社はWellness委員会を組織。しかしその矢先のコロナ禍で、予定していた健康イベントが軒並み中止となる。テレワークでさらに危ぶまれる健康の改善とコミュニケーションの促進に向け、「全社ウォーキング大会」は開催された。

ウォーキングで共通の目標に挑戦

社員の健康診断の結果が、日本の平均を下回っていた――それが、ウイングアーク1st株式会社が健康経営に乗り出したきっかけだ。ソフトウエアとクラウドサービスの開発・提供で帳票の効率的な運用や業務改革をサポートする同社は2004年創業、社員数は連結で692人。

鳥越美由紀さん
Wellness 推進室
健康経営エキスパートアドバイザー
鳥越美由紀さん

同社では健康診断の結果を受け、すぐに社内でライフスタイル調査を行っている。その結果、運動習慣のある社員は全体の24~26%にとどまった。このままではいけないということになり、社長が健康宣言をしたのが2020年の年明けだ。併せて発足されたWellness推進室に、鳥越美由紀さんが配属された。

「全8拠点にいる衛生委員会メンバーにも参加してもらい、健康経営責任者(社長)の下に全国から16人が集うWellness委員会が整いました。2020年3月の社員総会で方針を発表し、健康経営が本格始動しています」(鳥越さん)

その矢先、コロナ禍で全員の在宅勤務が決まった。Wellness委員会が考えていた施策はエクササイズ大会のようなリアルを前提にしており、すべて白紙に戻ってしまったのだ。しかし、そこで停滞しているわけにはいかない。リモートワークでさらに健康状態が悪化することも考えられるのだ。オンラインでもできる取り組みを、と提案したのが「全社ウォーキング大会」だった。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス