改正パワハラ防止法 問題発生時、不利にならないための企業側の義務

「給料泥棒!小学生以下!といわれました」 パワハラ申告時、事実確認失敗のデメリット6つ

杜若経営法律事務所・第一東京弁護士会所属 弁護士 友永 隆太
最終更新日:
2022年11月28日
3655

使用者側(企業側)の労働問題について実績が豊富な友永弁護士に、企業側が不利にならないためのポイントを解説していただく連載「改正パワハラ防止法 問題発生時、不利にならないための企業側の義務」(隔月第4週月曜日更新)、第3回はハラスメントの「事実関係の確認方法」についてです。
パワハラ申告があった場合、まず事実関係を確認した後必要な措置を行いますが、これらが甘くなってしまうとどんな問題があるでしょう? 本稿では、申し出の基礎となる「事実」をどのように特定するか、特定後必要な措置を取らないとどんな弊害が起きてしまうかについて、ご紹介します。

パワハラ申告があった場合の事実関係の確認方法は?

パワハラ申告があった場合、被害申し出者の一次的な申告内容は往々にして「部長Aからいつも私だけ厳しいいい方をされて限界を感じている」「課長Bからパワハラを受けていてつらい」といった抽象的な内容や、被害申し出者の主観面に終始する内容となっています。このような申し出があった際、会社側の対応として重要なのは被害申し出者から申し出の基礎となる「事実」を「5W1H」に基づいて聞き出すという観点です。

例)「部長Aからいつも私だけ厳しいいい方をされて限界を感じている」

「部長Aからいつも私だけ厳しいいい方をされて限界を感じている。先日●月●日の営業会議の場でも、部長Aはほかの10人以上の営業課員の面前で、私に対し『お前の成績はなんだ、給料泥棒。お前は小学生以下だ』といい放たれた。」

事実関係の確認が甘いとどうなる?

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

tomomura-_r_photo

杜若経営法律事務所・第一東京弁護士会所属 弁護士
友永 隆太

団体交渉、残業代請求、労働災害や解雇事件等の労働問題について、いずれも使用者側の代理人弁護士として対応に当たっている。日本法令『ビジネスガイド』(2019年8月号「外国人労働者が関係する労組トラブル最前線」/2021年8月号「職場のアウティングをめぐる問題と法的責任・社内整備」)、『SR』(第65号「介護事業所のカスハラ対策 書式と社労士実務」)、綜合ユニコム『月刊フューネラルビジネス』(2019年11月~2021年3月連載『法律家から学ぶ葬祭業界の「労務問題」』)など多数執筆。著書に日本実業出版「教養としての『労働法』入門」(共著)、「改訂版 就業規則の変更による労働条件不利益変更の手法と実務」(日本法令)、「未払い残業代請求の法律相談」(青林書院)がある。年間セミナー登壇40回以上。
杜若経営法律事務所ウェブサイト「労務ネット」
弁護士 友永隆太Twitterアカウント

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス