企業を守るメンタルヘルスケア

企業を守るメンタルヘルスケア:管理職の労働時間把握

株式会社プラネット 代表取締役 根岸 勢津子
最終更新日:
2013年05月10日

管理職って、残業代つかない。

ということくらいは、読者のみなさまもご存知だと思いますが、かといって、労働安全衛生法で定められた、過重労働者の医師面談の義務から除外されているわけではありません。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

negishi_photo

株式会社プラネット 代表取締役
根岸 勢津子

経歴
外資系海運会社、IT企業などで秘書の経験を積んだのち、大手損保代理店に転職。法人・団体を守るためには保険販売のみならず、リスクマネジメントの考え方が必要と感じ、アドバイザーの経験を積む。近年、産業界にヒューマンエラーによる不祥事が続発したことを受け、企業に対するメンタルヘルスケアの体制構築に関するアドバイスに注力して事業を進め、2006年に法人化。メンタルヘルス対策に取り組む企業からの様々な相談に応じ、コンサルティングを行う。30社以上のコンサルティング実績がある。

企業を守るメンタルヘルスケア」の記事

2014年03月29日
企業を守るメンタルヘルスケア:復職の失敗、3つの理由
2014年01月10日
企業を守るメンタルヘルスケア:メンタル不調の原因探しはやめましょう

特別企画、サービス