ビジネスマナー:お茶出しで気を付けたいポイント

最終更新日:2011年05月09日

ビジネスマナー:目次

お茶を出すタイミングは、お客様と担当者の挨拶が終わるくらいが良い。商談が始まってしまうと、会話の妨げになることもあるので注意が必要。


人数を間違えないようにあらかじめ確認することも大事。


話が長引いているような場合は、再度お茶を入れ直す気配りも大切。その際、先に出した茶碗と違う茶碗にお茶を入れて出すようにする。状況によっては、コーヒーに替えるなどすると、気の利いた応対となる。




『月刊総務』2009年6月号より

お茶出しで気を付けたいポイントの内容に関連する記事

特別企画、サービス