総務のプロに聞く 戦略総務的「場」の発想

公務員は「市民の総務」 成果を出すために何をすべきか

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年03月09日
soumu220309100

公務員は「市民の総務」

私が大学を卒業した1994年はバブル崩壊が大きく影響した厳しいタイミングだったため、地元の信用金庫に勤務しました。当時、地域の金融機関では新しいものを作り上げるよりも、1円もたがわず収支を合わせ「ゼロに始まりゼロに終わる」ことが良しとされていました。若かった私は、10年後の自分のあるべき姿を考え、転職を決意しました。

次に選んだ仕事は自治体職員で、1997年に大津市役所に入庁しました。当時の市民スポーツ課に配属され、多くの大会やイベントにかかわりました。最大のものはびわ湖毎日マラソンです。長野オリンピックの聖火リレーにも携わりました。

その後、公営競技事務所(競輪場)に異動して総務係を担当し、ここで初めて総務の仕事に就きました。さらに、下水道部署や財政課にも行きました。自治体の仕事は課によって仕事内容が全く異なるため、業種を変えて転職しているような感覚でしたね。

そして2010年、都市経営室に移りました。そこで、公共施設のマネジメントを手掛けることになるのですが、当時はFMの先進事例がほとんどなく、本を読んだりセミナーに通ったりして勉強しました。

原動力は「ワクワク感」と「危機感」

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス