総務の社内PR大作戦

第3回:部門の地位向上でも必須 総務業務の棚卸し

株式会社タンシキ  代表取締役 秋山 和久
最終更新日:
2017年03月23日

前回は、総務部門の第一優先課題で「業務の明確化・効率化」が2位以下を大きく引き離してトップというアンケート結果をご紹介した上で、業務の明確化・効率化と部門の地位向上の関連性を学びました。また、組織の成熟度モデル(CMMI)をご紹介し、業務の棚卸しの重要性を実感いただいたことと思います。

今回から、「部門の地位向上」をゴールとした場合に、どうやって業務を棚卸しするのか、棚卸しをした業務をどのように評価をしていけばよいのかについて考えていきます。

業務の棚卸し

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

k_akiyama

株式会社タンシキ  代表取締役
秋山 和久

媒体側(記者)、受注側(PR会社・Web制作)、発注側(事業会社)の3つの立場を経験した社内・社外広報コンサルタント。戦略・計画策定、組織づくり、活動評価、実務の助言等を行う。広報専門部署の支援から、総務が広報を兼任する企業の支援まで多数の実績あり。

関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス