第8回:いよいよ社内PRの本格化

株式会社タンシキ  代表取締役 秋山 和久
最終更新日:
2017年06月20日

 今回は、Step4「問題解決事例の社内・社外共有(問題解決型総務)」です。ここまで来れば、経営層や社員との信頼関係も積み上がり、堂々と社内PRをしても、受け止め方が好意的になります。あまり実績がなく、信頼関係も十分でない状態で社内PRをすると、単なる「がんばっていますアピール」になってしまいますが、受け止める側の経営層や社員が「がんばっているな」と感じてくれている状態での社内PRは、とても有効に機能します。彼らがファンや「パートナー」になって応援してくれるようにもなります。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • akiyama_photo
  • 株式会社タンシキ  代表取締役
    秋山 和久

  • プロフィール
    記者、PR会社、経営・人事コンサルティングファーム広報、企業サイトコンサルティング会社を経て現職。記者×代理店×事業会社広報(社内外広報)×企業サイトコンサルという広報にかかわるあらゆる立場を経験した、日本では極めて稀なキャリアを持つ。多様な経験に基づく、パブリシティ、社内広報、Web、会社案内等のツールを俯瞰した、社内外の広報活動の全体設計や戦略策定、業務効率化を得意とする。経営・人事コンサルティングファーム在職時に培った経営・人事・マネジメントの専門知識を強みに、大手企業を中心に、人事、IR・CSR、経営企画など広報以外への支援も多数。採用から定着までを一貫させる採用ブランディングのコンセプト開発・計画立案、人事・広報が連携した採用広報実施支援、ESG情報発信の強化を目指したIRとCSRの連携支援、経営企画・人事・広報が連携した組織変革活動プログラムの構築支援、総務・広報・監査が連携した組織風土にアプローチする危機管理など、企業と社内外のステークホルダーとの認知・評価向上を基点にした関係強化を実現する支援を行う。管理部門を強く、元気に、連携を豊かにすることで、経営基盤の強化を実現することを目指す。

特別企画、サービス