• TOP
  • コラム
  • コンプライアンス
  • 「総務部」と「全社員」のためのコンプライアンス教室(第21回)
    〜今回のキーワード「コンプラ研修 無料」「無料 コンプライアンス研修資料」で検索する会社〜

コラム

総務 / コンプライアンス / コンプライアンス

「総務部」と「全社員」のためのコンプライアンス教室(第21回)
〜今回のキーワード「コンプラ研修 無料」「無料 コンプライアンス研修資料」で検索する会社〜

2014年07月08日

皆さん、こんにちは。
「総務部」と「全社員」のためのコンプライアンス教室、第21回です。

今回はちょっと一息。
最近思うことについて書いてみたく思います。

私は、自社のホームページを含め全部で4つのサイトを運営しています。
アクセス解析をしていますので、どんなキーワードでサイトにたどり着いたか分かります。その中で目立つのが、今回のタイトルに挙げた2つのキーワード
 「コンプラ研修 無料」
 「無料 コンプライアンス研修資料」
なのです。

どちらにも「無料」という言葉が入っていますね。
どうやら、無料の資料を探したり、無料の研修を探している企業や人が多いようです。
「無料セミナーをやっていますか」という問い合わせのメールを頂くことだって一度や二度ではありません。

このような人や会社に出会うたびに、私は複雑な気持ちになります。
読んだら、ポイ
使ったら、ポイ
パラパラと見、使えなさそうなら、ポイ
そういう人達が、無料で手に入れたものをどこか軽んじ、或いはどこか粗末に扱っているような気がする時があるからです。

私はコンプライアンスの資料を無料で公開したり無料で差し上げたりしています。
そんなことをしていると、時に不気味さを感じます。

「むしり取られ」、「利用し尽くされ」、「使い捨てにされる」......そんな気持ちになることがあるのです。

無料で手に入れることを当然のことと考え、無料で何かをくれるのがあたりまえと思っている人がたくさんいるように見える。

■ 無料で資料を提供しても、自社で使ったらそれでおしまい
■ 無料で資料をメールしても、「受け取りました」とか「ありがとうございました」の返事もなく、貰いっぱなし。

こういうのって、「人として」どうなのだろう?......と思ってしまいます。
お礼を言われたいとか、そういうのではありません。

コンプライアンスには「人として大切なことを守る」という要素が含まれている筈なのに、そのコンプライアンスを推進している人が、こんなことでいいのかなと思い、悲しくなるのです。

人として大切なことを忘れずに、コンプライアンスを推進する。
それ無くしてコンプライアンスは実現しない......と私は思います。

「総務部」と「全社員」のためのコンプライアンス教室 第21回。
今回はこの辺で。

<以下のサイトを運営しています>
1. アカデメイア・オブ・コンプライアンス
2. アカデメイア・オブ・マネジメント
3. アカデメイア・オブ・ワークライフバランス
4. パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー

尚、フェイスブックは毎日更新しています!
http://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany

★本件についての質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ★
 http://j.mp/LNYGWy

中沢 努
​​MENU