月刊総務プラス

人事:

高年齢者層の「改善につながる気づき」「コミュニケーション力」を評価する

2012-11-06 23:00

『月刊総務』12月号 
 特集 長期的視点で考える 高年齢者雇用対策 連動企画

人材の質が事業価値を大きく左右する介護業界で、高年齢者の活用を積極的に進めている株式会社関東サンガ。その実際について聞いた。


若手を高年齢者がフォローするバランスいい従業員構成

 東京都・千葉県で高齢者介護事業を展開する株式会社関東サンガは、高年齢者の活用を積極的に進めている。現在、全従業員88名のうち、60歳以上の従業員は14名を占めている。

 代表取締役社長の浅香誠一郎氏は(写真右)、その理由、背景をこう語る。社長.JPG
「介護事業では、利用者を囲む家族のような関係をつくることが理想。そう考えるとき、若年層、壮年層、高年齢層と、年齢的にバランスのとれたスタッフが揃っていることは、自然で望ましいことなんです。

 若いスタッフには、はつらつとしたエネルギー、情熱があります。しかしときに、利用者様との間でそれが空回りしてしまうこともあります。そこで利用者様と年齢が近く、人生経験豊かな高年齢者がうまくフォローをする。そんなチームワークがあって、はじめて良いケアが実現できるんです。だからこそ高年齢者をどんどん戦力化しています」

 高年齢者の経歴は、同社で定年退職を迎え引き続き再雇用契約を結んだ、他法人で介護に関わる仕事をしてきた、介護とはまったく縁がない他業種からセカンドキャリアを求めてきた、などさまざまだ。
 
 長年接客・サービス業に携わってきた高年齢者の利用者に対するすぐれた接遇は、周囲のスタッフに刺激を与えているという。

 介護職未経験者に対しては、ホームヘルパー2級取得のための助成金制度がある。雇用形態は、一年ごとの契約更改を基本に、嘱託社員、パートなど、多様な道が用意されている。

どんどん仕事を任せることで意欲を引き出すマネジメント

 関東サンガで働くベテランスタッフに話を聞いてみた。遠塚さん.JPG
 東京都あきる野市の介護付有料老人ホーム・デイサービス「あきる野翔裕館」で利用者の健康管理、リハビリなどを担当する遠塚美和子さんは(写真左)、総合病院などで看護師としてのキャリアを重ねてきた。「定年退職後、以前から関心があった高齢者施設に職を得ました。専門知識を活かして働き続け、少しでも社会に貢献できるのがうれしいです」という。

 伊澤さん.JPG

 同じ施設で清掃をはじめ環境整備を担当する伊澤美津江さんは(写真右)、ビル管理の職務経験を持つ。「介護施設の仕事は、利用者と楽しく会話しながら働ける。自分が健康でいる限り働き続けたい」と語る。

 浅香氏は、高年齢者を上手に活用する秘訣として、「どんどん仕事を任せること」「改善への意欲と働きをきちんと評価すること」を強調する。

 「高年齢者は、若手とは一味違う視点で日々の業務を見ているものです。だからこそ、他のスタッフが気づかない改善ポイントによく気がつく。そんな声が上がってきたら、後押しして解決の先頭に立ってもらう。成果が出たら感謝の声をかけ、報酬にも反映させてきちんと評価する。当たり前のマネジメントですが、その繰り返しでモチベーションを上げることが重要だと考えます」

 介護の仕事を希望する高年齢者の中には、自分の親を十分に介護できなかった悔恨から、お年寄りの役に立ちたいという強い思いを持つ人もいる。経営者には、そんな「誰かのためになること」が生きがいになっている高年齢者ならではの心理への目配りが欠かせない。

 「高年齢者が持つ、その場の空気に柔軟に合わせたコミュニケーション能力は、事業の付加価値の源泉です。こうした点も、十分に評価をするよう心がけています」(浅香氏)

 

人事:

大手企業のOBを中途採用、自社成長のカンフル剤に!

2012-11-06 22:29

『月刊総務』12月号 
 特集 長期的視点で考える 高年齢者雇用対策 連動企画

廃棄物処理を軸とした環境ビジネスで世界進出を目指す「白井グループ」。その推進力として期待するのが、大手企業を定年退職したシニア人材だ。彼らが同社にもたらしたのは、一流のスキルだけではなかった──。


フルタイムに拘らない、柔軟な雇用関係が鍵

 東京23区を中心にゴミ収集を60年近く行ってきた実績を持つ老舗の廃棄物処理事業会社。資本金1000万円のいわゆる中小企業だが、代表取締役の白井徹社長は「世界中に環境ビジネスのネットワークを構築したい」と意気込む。

 千代田区神田淡路町にある東京オフィスを覗いてみれば、白井社長の意欲の高さが伝わってくるはずだ。外資系企業のような明るくてオープンなオフィス。スタッフは皆若く溌剌としている。

 実際の事業でも、機密文書の処理をGPSで管理するなどIT化を推進。 米ロサンゼルスのリサイクリングセンターを模した資源ごみの現金買取を行うなど、革新的な事業にも取り組む。今年2月には、アメリカにオフィスも新設した。

 旧態依然の家内制手工業的な会社が多いとされる日本の廃棄物処理業界にあって、同社の事業意欲の高さは異端と言えるだろう。その推進力となっているのは、外部からのシニア人材だ。

 「縁がありまして、13年ほど前からJX(当時は新日石)のOB社員を複数人中途採用しています。現在、総務や経理部門に9名在籍しており、56歳から上は66歳まで。平均年齢は62歳です」

 JXといえば日本の石油業界の最大手。世界を股にかけるグローバル企業だ。そこで働く人材も当然グローバル級。本来なら、一中小企業が雇い入れられるはずもないが、「定年または早期退職した方は、それまでの貯えや退職金があるため、生活に困っていない場合が多い。そういう方は、お金ではなくて、働きがいや働き方を重視します。そこがうまくマッチしたので、普通ではありえない額で働いてもらっています」

 9名のうち、7名が契約社員、2名がパート契約。契約社員は月30万円、パートは時給2000円と、年収に換算すれば現役時代の三分の一だ。ただし、人によって月・火・水・木の週4日だったり、午前10時?午後4時半までだったりと、働き方は自由。

 「繁忙期でも"じゃあ時間なんで"と平気で帰ったりしますからね(笑)。でも、やることをやってもらえれば、こちらとしては文句が無いわけですし、これからの働き方はそれくらい合理的であるべきです。互いに"フルタイム"に拘らないのが鍵ですね」

シニア人材の力でグローバル化へ一歩前進

 シニア社員は自由な働き方を手に入れることが出来た。では、会社側は何を得たのか? 一つ目は、専門的な「スキル」だ。

 「シニア社員の方には、前職で培ったスキルを活かす仕事をしてもらっています。タンクローリーの配車に関するエキスパートだった方には、ゴミ収集車の配車システムの管理と運営をお願いしています。そうした専門的な人材をフルタイムで雇ったり、一から育成するのは大変ですからね」

 二つ目は、仕事に対する「意識」だ。
 「一流企業で長年働いて来た人からしたら、書類の書き方一つ統一されていなかったり、非効率なことがたくさんあったんです。それを個々に指摘してもらったり、定期的な勉強会でレクチャーしてもらうことで、生え抜き社員の意識が変わりましたね。結果、ケアレスミスやワンマンプレーが減り、事業収益も大幅にアップすることができました」
 
 世界の環境ビジネスに打って出ようという同社にとって、社員の意識?グローバル化"は重要課題。途中入社のシニア社員は、それを促進するカンフル剤のようなものだ。

 シニア社員も、かつて大企業で働いていた時とは違う手ごたえを感じている。六年前、六十二歳の時に途中入社し、現在は顧問と経理部長を任されている吉田東平さんはこう語る。
「自分が経験してきたことを、有り難いといって受け入れてくれる職場がある。こんなに嬉しいことはありません。不毛な出世争いとも無縁。純粋に働く喜びを味わっています」

 やはり、シニア人材の活用のキーワードは"適材適所"なのだ。

IMG_2220.JPG
お話を伺った、経理部長の吉田東平さん(左)と社長の白井徹さん


 

1