• TOP
  • ニュース

2015年3月 4日
大和ハウスグループのCSR「Daiwa Sakura Aid」
チャリティコンサート開催

2015年2月18日発行の書籍『CSR経営パーフェクトガイド』(川村雅彦著/ウィズワークス発行)でも紹介している通り、大和ハウス工業株式会社のCSRへの取り組みは先進的なもので、これを参考にすることによって多くの企業にとって有意義なヒントが得られることでしょう。


雑誌『月刊総務』でも、大和ハウスグループのCSRへの取り組みは、企業事例紹介としてたびたびインタビュー取材を重ねてきました。


川村雅彦著『CSR経営パーフェクトガイド』では、大和ハウス工業株式会社がISO26000の実践課題における社会的課題を基に、独自のCSRインディケーターと呼ぶKPI(財務指標を含む8分野、18課題、40指標)を策定し、完成度の高いCSR体系を構築されたことを紹介しています(92ページ)。
そして、そのKPIは、自社の業種特性を考慮したユニークな項目、例えば、倫理・人権ヘルプラインの解決率、社員行動に関する取引先アンケートなども設定されています。
さらに、KPIは、毎年開催する独自の公募型ステークホルダー・ダイアログや、経営層・各事業部門の責任者の意見を加味して運用しているとのことです。


『月刊総務』2013年3月号(特集:CSR新時代 総務主導の企業変革)では、大和ハウス工業株式会社で「ミスターCSR」と呼ばれる内田雄司さんがリーダーとして主導されている「桜プロジェクト」および「吉野山の桜を保全する活動」について、インタビュー取材、横浜市立都筑小学校で実施された「桜プロジェクト」(大和ハウス工業株式会社の売上の一部を通じて全国各地域の小学校に桜を植樹していく、お客さまと共に実施する「和の素晴らしさ」をつないでいくプロジェクト。未来を担う子どもたちに、桜を大切に育て、花が咲く度に生命の大切さを感じて欲しいという趣旨で2010年にスタートしたもの。植樹イベントでは、和楽器演奏による生ライブと和楽器体験を同時に行い、日本文化の素晴らしさと美しさ、自然環境の大切さを伝えている。2014年10月に、宮城県亘理町の長瀞小学校にて100回目を迎え、同年12月末現在までに122か所での実施を達成した壮大な社会貢献、地域共生プロジェクト。)の取材記事を紹介しました。


大和ハウスグループのCSRへの取り組みは、これから企業が果たすべき社会的責任を考え、社会や環境への影響、地域社会における役割、ステークホルダーとの関係性などを評価、検討し、社会に価値をもたらし、持続可能な社会の構築に貢献しようとする企業にとって、大いに参考になることでしょう。


この大和ハウスグループによる「Daiwa Sakura Aid」の一環で、収益の一部を桜の保全活動に充当するというチャリティコンサートが開催されます。


大和ハウスグループのCSRへの取り組み、また、中でも社会共生という視点から本格的な取り組みが続けられている桜の保全・伝承のためのCSR活動「Daiwa Sakura Aid」を体感することのできる貴重な機会です。


これから同様のチャリティイベントを企画しようという企業の担当者にとっても、大和ハウス工業株式会社が主催するこうした完成度の高いイベントに参加し、イベント運営の様子を見ておくことは、参考になるでしょう。


もちろん、純粋に、この「Daiwa Sakura Aid」という桜の保全・伝承活動に賛同した5組のアーティストによる素晴らしい音楽を楽しむこともできます。


『月刊総務』読者・「月刊総務オンライン」ユーザー企業の皆様におススメのイベントです。


■チャリティーコンサート概要
 【日時】2015年3月30日(月)
     開場/18:15 開演/19:00

 【会場】Bunkamura オーチャードホール
 【出演アーティスト】
  GONTITI/佐藤 竹善/
  ジュスカ・グランペール/
  Skoop On Somebody/DEPAPEPE (50音順)
 【スペシャルバンド】
  羽毛田 丈史(Piano)/渡嘉敷 祐一(Drums)/
  松原 秀樹(Bass)/
  青柳 誠(Key,Sax)/田中 義人(Guitar)
 【座席】全席指定 4,860円(税込)
      ※未就学児入場不可
 主催:大和ハウス工業株式会社
 後援: TOKYO FM/奈良県吉野町/
    公益財団法人吉野山保勝会
 企画制作:寧屋舎中/キッスコーポレーション
 制作協力:sweet boon music/
      グリーンズコーポレーション
 運営協力:キョードー東京

■チケットの販売
   チケットぴあ 0570-02-9999( P コード:253-269)
   ローソンチケット 0570-084-003( L コード:77716)
   CN プレイガイド 0570-08-9999
   イープラス http://eplus.jp
   キョードー東京 0570-550-799


■大和ハウス工業株式会社によるイベントご案内サイト
   http://www.daiwasakuraaid.com/

2015年3月 3日
訪日客過去最高!訪日(インバウンド)市場向け「おもてなし電報サービス」開始

ビジネスパートナーやMICEで来日するビジネス客および観光で来日する友人・知人を歓迎する
滞在ホテル宛に贈る「メッセージと日本の伝統うるし小箱」のセット電報


日本政府観光局(JNTO)の発表によると2014年の訪日客が過去最高の1341万4千人(推計値)に達しました。
伸びゆく訪日(インバウンド)市場に向け、電報サービス「VERY CARD」(http://www.verycard.net)を提供している株式会社ヒューモニーは、日本の企業や個人が訪日客を歓迎するために電報を利用いただく「おもてなし電報サービス」を開始しました。
同サービスは、日本の企業や個人が、日本を訪れるビジネスパートナーやMICE(注1)客、観光で来日する友人・知人を歓迎するために、お客様の滞在ホテルなどに「メッセージと日本の伝統うるし小箱」がセットになった電報を贈り、歓迎や感謝の気持ちをお伝えするものです。
ネットから24時間いつでも申し込みいただけ、当日の配達も可能です(注2)
宛先も訪日客の滞在ホテル、訪問先企業や工場などご指定の場所にお届けできます。メッセージは英語、日本語で自由に入力していただけますが、英語文例もご用意しています。


【利用場面の例】
1.商談・MICEで来日するビジネス客に、企業や会議主催者などから、「ようこそ日本へ」という歓迎の気持(到着時)、商談や参加のお礼(商談などの後)を伝える
2.訪日観光客に、日本に住む知人・友人、旅行会社、利用施設などから、歓迎の気持(到着時)や利用のお礼(事後)を伝える


「おもてなし電報サービス」詳細
商品名:「結鶴(ゆづる)」
本うるし塗り小箱+メッセージ300文字迄(台紙)
価格: 本体価格4,500円(税抜)
本うるし塗り小箱サイズ:縦79mm×横113mm×高さ34mm*名刺サイズ

小箱の表面の天高く舞う鶴の蒔絵(まきえ)は、鶴が象徴する「長寿」「仲が良いこと」を表し、受取人の幸運を祈る意味を込めています。

申込方法:VERY CARD(http://www.verycard.net)から14時までの申し込みで同日夕方から8時までに配達(一部地域を除く)


【これまでの訪日ビジネス客の歓迎方法】
迎える側企業はメッセージカードとお土産を用意し、メッセージを記入し、自らホテルに持参していました。10人以上のグループ来日の場合は荷物が多くなり大変でした。または、ホテルに依頼し、簡単なメッセージとフルーツなどを部屋にセットしてもらうこともありましたが、メッセージは簡素な内容になることが一般的でした。このおもてなし電報サービスをお使いいただけば、ネットで簡単に手配でき、メッセージも自分の言葉で書くことができ、自分でホテルに届ける必要がありません。


【モニター募集】
おもてなし電報サービスのモニターを6月末まで募集中です。一企業様およびお一人様1回限り、10通までご利用いただけます。ご利用後にご感想をいただく場合がございます。
詳しくは、press@humony.co.jpにお問い合わせください。


注1:MICE(マイス)とはMeeting、Incentive、Convention、Event/Exhibition の頭文字を並べた単語で、企業ミーティング、報奨旅行、国内・国際会議イベントや展示会など、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称
注2:地域などにより異なります。詳しくはHPをご覧ください。

2015年3月 2日
管理部門業務サポートサービスの「Bizer」、
役所への提出文書自動生成機能リリース

総務人事などバックオフィス業務の効率化を強力にサポートする、月額わずか2,980円(税込)の会員制クラウドサービス「Bizer(バイザー)」を運営する株式会社ビズグラウンドは3月2日、「Bizer」内の「会社運営のダンドリ」メニューにおいて、役所への提出文書を自動生成する機能を提供開始しました。

「Bizer」会員は月額2,980円(税込)の会費で、追加費用なくこのサービスを活用することができます。

サービスリリース時には、「従業員の雇用」に関する以下の7文書が提供されます;

 - 健康保険・厚生年金保険 新規適用届
 - 健康保険・厚生年金被保険者資格取得届
 - 国民年金第 3 号被保険者資格取得・種別変更・種別確認(3 号該当)届
 - 健康保険被扶養者(異動)届
 - 特別徴収切替申請書
 - 雇用保険適用事業所設置届
 - 雇用保険被保険者資格取得届

その後、順次、「従業員の退職」、「本社移転」、「増資」など、会社運営においてよくあるイベントごとに、必要となる各種手続きに関する公的提出文書の自動生成機能が追加リリースされる予定です。
(会社設立時に必要な書類に関しては以前より対応済み)

「Bizer(バイザー)」の詳細な機能紹介、活用メリットについては、SPECIAL TALK、株式会社ビズグラウンド代表取締役畠山友一さんのインタビュー記事を合わせて参照してください;

http://www.g-soumu.com/special-talk/1501bizer/index.php