• TOP
  • ニュース

2015年4月30日
中小企業必見!ネットセキュリティ対策のノウハウが学べるウェブサイトオープン

企業向けのOA機器やオフィス什器などの販売・リース・レンタル事業を展開している株式会社エーワン(本社:東京都葛飾区、代表取締役:半田修次、 以下 エーワン)は、ネットバンキングの不正送金被害、フィッシング詐欺やウイルス感染、サイバー攻撃などへの備えとして、中小企業がネットセキュリティ対策の 基本から具体的なノウハウまでを学ぶことができるウェブサイト「石原先生のネットセキュリティ相談所」を4月15日に開設しました。


▼石原先生のネットセキュリティ研究所:http://net-mamoru.net


■増え続けるネット被害への備えが学べる中小企業向けウェブサイト


2015年に警視庁が公表した調査結果によると、2014年の法人の不正送金被害額は10億8,800万円。
前年比約11倍と急増していることがわかりました。一方、企業向けのセキュリティ対策ツールやソリューションは専門的で高額なのが一般的です。組織の規模や予算の都合から、中小企業はこうしたネット犯罪への備えが十分とは言えません。


「石原先生のネットセキュリティ相談所」では中小企業の経営者をはじめ、総務や経理担当などITに関する専門的な知識を有していなくてもご理解いただけるよう、ネットセキュリティの基本から具体的なノウハウまでの情報収集をサポートします。


「石原先生のネットセキュリティ相談所」の利用で、次のようなメリット、サービスを体験いただけます。


1. 難しい専門用語を使わず、パソコンの初心者レベルでもネットセキュリティについて学んでいただけます。
2. 別途予算や設備などをつかわずに社内でネットセキュリティ対策ができるテクニックも公開しています。
3. お申し込みいただいた方に、中小企業を対象にしたネットセキュリティ対策のテクニックを1冊にまとめた「セキュリティ読本」を無料で差し上げます。
4. 船井総合研究所監修の中小企業向けセキュリティ対策セミナーを「ワンコイン(500円)」で受講できます。
5. IT専任の担当者を設けなくても低予算で導入できるネットセキュリティ対策を提供します。


エーワンは、オフィス什器をはじめOA機器、IT機器の販売やリース・レンタルを手がけてきた実績があります。
オフィスの総合コンサルタントとして、企業規模や予算、業態、各部署に最適なネットセキュリティ対策をプランニングして提案いたします。


2020年の東京オリンピック開催へ向けて、日本、とくに東京には今後さらに多くの資金や情報が集中するのにともなってサイバー攻撃の増加が予想されます。中小企業にとって、こうしたネット犯罪は経営を左右しかねない大きなリスクとなります。


また、2015年10月から「社会保障」「税金」「災害」の3分野で使われるマイナンバーが施行されます。


企業は、従業員のマイナンバーの管理が必要となり、情報漏えいをしないよう国から発表されたガイドラインに従い対策を講じなければなりません。


いまこそ、ネットセキュリティ対策の基本とノウハウを身につけて、組織と資金とをしっかり守るための備えが必要です。


【船井総合研究所監修 ワンコインセミナーについて】

「PCが苦手な中小企業社長様向け、初心者でも分かるセキュリティ対策講座」

日時: 5月13日(水) 15時-16時(14時45分受付)
会場: 株式会社エーワン Aid(エイド)セミナールーム
    東京都港区虎ノ門3-8-27巴町アネックス2号館1F
ゲスト講師:株式会社船井総合研究所
      チームリーダー/経営コンサルタント 那須慎二氏
定員:30人
受講料:500円(税込)
    ※受講料は当日、会場でお支払いください。
お申し込み:ネット(http://net-mamoru.net/seminar)または電話(03-6430-9991)


【お問い合わせ先】
株式会社エーワン http://www.ohw.co.jp
担当:石原克四
TEL:03-6430-9991
Email:aid@ohw.jp

2015年4月15日
「第1回 アジアグローバルビジネス人材講座」開講のお知らせ

アジア経済の潮流とビジネスリーダーの要件
アジア8か国トップMBAスクール教授陣による15講座


グローバルビジネス学会は、京都大学経営管理大学院との共催で、将来、世界GDPの過半を占めると予想されるアジア諸国において活躍するアジアビジネス人材を育成し、日本とアジア諸国双方の利益になる事業の企画・開発・推進、企業経営、社会貢献、人材育成(Human Resource Development)などを通じ、アジアの成長に資することを目的として、平成27年5月から「アジアグローバルビジネス人材講座」を開講致します。


このプログラムでは、アジア8か国(日本、中国、インド、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン)のトップビジネススクールの講師陣をお招きして、アジア各国のビジネス事情、人材開発、パブリックリレーションズ、異文化コミュニケーション等をテーマに講義をしていただきます。


本講座は、アジア各国におけるビジネスコミュニケーションの重要性とそのために必要な基礎的知識について、現地の実態に則して講義することを目的としており、通常のビジネススクールの講義を行うものではありません。


そのため、ビジネスに関する基礎的な素養がある方を対象としていますが、講師陣にはできるだけ平易な英語でわかりやすく講義をしていただくようにお願いしております。


講座では、90分講義15講座を提供しますが、講義それぞれが独立しており、コマ単位の受講も可能となっております。


≪講座概要≫

■ 実施団体
  主催:グローバルビジネス学会
  共催:京都大学経営管理大学院

■ 募集人員
  80名程度

■ 受講場所
  原則として京都大学品川キャンパスで実施します。都合により、講義場所が変更になる講義日があることをご了解ください。変更教室は別途ご案内致しますが、品川駅徒歩5分以内の場所に設定されます。
  * 京都大学品川キャンパス http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyooffice/about/access.html


■ 講義時間
  18時15分 - 19時45分  90分講義

■ 受講対象者
 1.将来、アジア地域でビジネスに従事したいと考える方
 2.通訳なしで英語の講義を理解できる方
 3.ビジネスの基礎的な素養を持っておられる方


■ 受講料(15講座分一括)
  グローバルビジネス学会会員  150,000円(税込価格162,000円)
  2人目から   120,000円(税込価格129,600円)
  非会員  200,000円(税込価格216,000円)
  2人目から 160,000円(税込価格172,800円)


  なお当該講座では、90分講義15講座を提供しますが、講義それぞれが独立しており、コマ単位の受講も可能となっております。(一コマ:会員15,000円  非会員20,000円 (各税込価格)

<振込先>
三井住友銀行 新宿通支店 普通預金口座8242840 口座名前:グローバルビジネスガッカイ
ゆうちょ銀行 口座番号:00110?9?652065  加入者名:グローバルビジネス学会


■ 問い合せ先・申込先
グローバルビジネス学会「アジアグローバルビジネス人材講座」事務局長 西垣 勇八
電話:03-5269-4745 メール:nishigaki@s-gb.net

2015年4月 2日
【無料セミナー】マイナンバー対応に必要な3つのこと!

「らくらく定期.net」など業務支援サービスを開発・販売する株式会社無限(本社:東京新宿区)は、企業の人事・総務・経理部門の方々を対象に『無料セミナー』を開催します。

今話題の「マイナンバー」制度。マイナンバー制度対応について、さまざまな情報提供セミナーが開催されていますが、主催企業や講演者により法制度の捉え方や実務対応の方針の面で考え方が異なり、参加者の立場からするといったいどこまで検討すればよいのか、セミナーに参加することによってむしろ疑問点や不安が増してしまうということが多々生じているようです。

そこで株式会社無限では、マイナンバー制度に関するセミナーや講演、E-ラーニング教材監修等の実績がある社会保険労務士の加藤先生にご登壇いただき、法制化の経緯、立法趣旨、関係各省庁等での検討の経緯などに忠実に、公平性をより重視したマイナンバー制度への対応や管理方法について解説していただきます。

セミナーは、
第一部: マイナンバー制度の概要と御社がやるべき事前準備のポイント
第二部: マイナンバー制度対応のための業務効率化ポイントとソリューションの紹介
の二部構成となります。

【セミナー名称】
マイナンバー対応に必要な3つのこと!
 === 業務への影響と管理するために必要なこととは ===

【日時】
(1) 平成27年4月24日(金)14:00 - 16:30(13:30受付開始)
  お申込みはこちらから
  https://rk2.mugen-corp.jp/event/seminar_detail.php?1

(2) 平成27年6月25日(木)14:00 - 16:30(13:30受付開始)
  お申し込みはこちらから
  https://rk2.mugen-corp.jp/event/seminar_detail.php?4

(※)両日とも内容は同じです。

【開催場所】
関東ITソフトウェア健康保険組合 山王健保会館会議室
(東京都港区赤坂2-5-6)

【講師】
社会保険労務士法人パーソネルワークス
副代表パートナー・社会保険労務士
加藤 正紀 先生

【お申込み方法】
開催概要、申し込みはこちらから;
https://rk2.mugen-corp.jp/event/index.php
( お申込み完了後、詳細地図等をご連絡いたします。)

2015年4月 1日
「月刊総務 電子版」がスタート!

ウィズワークス株式会社は2015年4月1日、同社発行の月刊誌『月刊総務』の最新号とバックナンバーを電子ブックの形で閲覧できるサービス「月刊総務 電子版」を開始いたしました。
https://ww.e-manager.jp/


パソコンやスマートフォン、タブレット端末などで、いつでも、どこででもご覧いただけるうえ、同一法人内であれば同時に何人でも閲覧いただけるサービスです。

『月刊総務』の経営に必要な時事や豊富な他社事例の記事をタイムリーにお読みいただけるだけでなく、操作性・検索性に優れた機能によって、『月刊総務』の膨大な情報から「今知りたい情報」を容易に探すことができるため、とっさの便利帳としても有用なサービスです。

このたび、サービス開始を記念して、

1. 『月刊総務』を定期購読されている方
2. 「月刊総務 電子版」利用と同時に『月刊総務』の定期購読を申し込まれた方

は、当面の間、無料でご利用いただけます(「月刊総務 電子版」での会員登録が必要です)。

『月刊総務』、ウェブサイト「月刊総務オンライン」と合わせて、ますます便利に利用できる「月刊総務 電子版」もご活用ください。


【本サービスの特徴】
- 最新号とバックナンバーが読み放題!
   2013年1月号以降のバックナンバーを収録。順次過去にさかのぼって増冊予定。最新号は発売日の午前0時から閲覧可能

- 号をまたぐ全文検索機能で必要な情報に素早くアクセス可能!
   もう、何冊も目次を確認する必要はありません

- 複数名で同時にログイン可能!
   同一法人内でID・パスワードを共用化。「他の人が読んでいるので読めない」ことがなくなります

- 自宅や通勤途中でも読み放題!
   会社のPCだけでなく、自宅PCやスマートフォン、タブレットでも快適にお読みいただけます

- 雑誌の定期購読者・企業には電子版購読料の割引特典あり!
   まずは無料お試しで利便性をチェック(雑誌の定期購読者・企業のみなさまのみ)。その後は雑誌の定期購読とセットの割引料金を予定しています


【見本誌】
こちら(http://wis-works.jp/soumu/soumu_sample/)で見本誌をご請求いただきますと、『月刊総務 電子版』で提供する電子ブックと同じ形式で閲覧することができます。
(電子メールアドレスの入力・情報送信後、折り返し電子ブック形式の見本誌を閲覧できるページのURLを送信します)


【ご利用方法】
(1)『月刊総務 電子版』提供サイト(https://ww.e-manager.jp/)で、利用規約の確認・同意のうえ、新規会員登録をしてください。

(2) 登録完了メールの到着をお待ちください。それまでは、前月号とバックナンバーのサンプル号のみ閲覧いただけます。
  (登録完了メールは、原則として翌営業日中に送信します。土日・祝日は休業日のため、休業日明けのご連絡となります)

(3) 登録完了メールが届き次第、最新号とバックナンバー全て(電子版提供分のみ)を閲覧いただけます。

(4)登録完了メールに記載されているご請求情報に従い、ご利用料金を指定期日までにお振り込みください。期限内にお振り込みがない場合、利用中止となりますのでご留意ください。
(雑誌の定期購読者・企業のみなさま、同時に雑誌の定期購読を申し込まれた方・企業のみなさまは不要)


【ご利用料金(消費税込み)】
- 6ヶ月: 11,664円(1ヶ月あたり1,944円)
- 1年: 23,328円(1ヶ月あたり1,944円)
(※)?『月刊総務』を定期購読されている方、?「月刊総務 電子版」利用と同時に『月刊総務』の定期購読を申し込まれた方は、当面の間、無料でご利用いただけます(別途、「月刊総務 電子版」の会員登録は必要)。
(※)ご利用期間は申込日の属する月の翌月1日から起算します。申込日の属する月内にお客さまのご都合で解約される場合も上記1ヶ月あたり利用料金が課金されます。


「月刊総務 電子版」利用申し込みはこちらから
( https://ww.e-manager.jp/ )