• TOP
  • ニュース

2015年8月27日
メンタルヘルス対策・ストレスチェック義務化をサポート「こころの保健室」

株式会社USENが提供する、「こころの保健室」は、メンタルヘルスに特化した自社専用の保健室を、インターネット上に開設できるASPサービスです。 厚生労働省の指針や法令にそった取り組みに必要な仕組みを、簡単かつ体系的に創り上げることができます。メンタルヘルス対策に必要な多彩な機能を備えており、細部にわたるカスタマイズで、限りなく自社に最適な保健室を創り出すことができます。


2015年12月よりはじまるストレスチェック制度の法制化対応がまだの皆さまは、導入を検討してみてはいかがでしょうか。


【特長】
◆低コスト
メンタルヘルス対策のアウトソース先の一本化になるため、低コスト運用が実現できます。なおご契約期間中は、eラーニングやストレスチェックの機能を何度も利用できるため、更なるコストダウンにつながります。


◆省力化
対策の進捗や面談状況を一元管理できますので、管理業務の大幅な省力化が可能です。更に、高い操作性により利用者(従業員様)の利便性と利用率もアップします。


◆法制化対応
「労働安全衛生法」に対応したリスク管理データを5年間保存できます。ストレスチェックは厚生労働省が推奨する「職業性ストレス簡易調査票」を採用し、「ストレスチェック義務化法案」にも対応しています。


【詳細・お問い合わせ】
■こころの保健室
http://kokoro-mental.com/
0120-117-440

2015年8月25日
総務・人事の幹部層向け「Living Officeシンポジウム」開催!

「高校野球型組織プレーからフットサル型チームプレーへ
― 才能の時代を勝ち抜く個が輝く組織の条件」


ハーマンミラージャパンが、9月4日(金)に、「Living Officeシンポジウム」を開催します。


今、企業の競争力の源泉が変化しています。情報が経済成長の源泉であった「情報の時代」から、優れた人材が生み出す知恵とアイデアが経営の最大の成功要因となる「アイデアの時代」へと移行しています。当シンポジウムでは、戦略的投資として重要な「ファシリティ」をはじめ、優れた人材を惹きつけ、そしてその才能を最大限に発揮させるための条件は何かをパネルディスカッションを通して探ります。


*Living Officeは人々のつながり、創造性、生産性、そして成功を生む、より自然で好ましいワークプレイスです。


【開催概要】
2015.9.4(金) 19:00 - 21:00 フルコースディナーシンポジウム
ANAインターコンチネンタルホテル東京 B1Fギャラクシー
東京都港区赤坂1-12-33
03-3505-1112


【テーマ】
「高校野球型組織プレーからフットサル型チームプレーへ
― 才能の時代を勝ち抜く個が輝く組織の条件」


【パネリスト】
◎得丸英俊氏 株式会社電通iX 代表取締彼社長


東京大学経済学部卒業後、電通入社。営業局勤務中の90年代半ばより、デジタルコンテンツ、インターネットを活用したマーケティング領域へ。当時は、Macを駆使し、企画・デザイン・コーディングまで一人でこなすことも。電通グループのベンチャーキャピタルや外資インタラクティプエージェンシーとのJV、ISIDデロイト{現電通イーマーケティングワン)などの役員等を歴任し、2009年11月より電通iX代表取締役社長に就任。電通デジタルホールディングス執行役員を兼任。


◎ミゲル・ロドリゴ氏 フットサル指導者


1970年7月15目、スペイン・ヴァレンシア生まれ。1996年からスペインやイタリア、ロシアのフットサルリーグでチーム指導をしFIFAのインストラクタ一、スペインサッカー協会フットサル指導者の責格を持つ。2009年6月からフットサル日本代表の監督に就任。AFCフットサル選手権2012、2014にて、日本をアジアチャンピオンに導き、フットサルワールドカップ2012ではベスト16入りを果たした。


【ファシリテーター】
◎松崎 勉氏 ハーマンミラージャパン株式会社代表取締役社長


1965年宮崎県生まれ。東京大学経済学部卒。米国エール大学にてMBA取得。JR東海、マッキンゼー&カンパ二ーを経て、国内外のITベンチャーなどの代表取締役などを歴任。2007年ハーマンミラージャパンの代表取締役に就任。2011年11月に宮城県石巻市で、ハーマンミラー社の世界各国の社員12名を率いて2週間のボランティアプロジェク卜"Project Japan"を企画実施。一方で、For a better worldというハーマンミラー社の価値を伝えるべく、通常業務の合聞を縫って石巻工房でプロボノワークに没頭。


【参加費】
10,000円(フルコースディナー含む)


【定員】
先着100名様(先着順となります)


【お申し込み】
8月27日(木)までに「シンポジウム参加希望」というタイトルで、お名前、御社名、お電話番号をご明記のうえ
info_japan@hermanmiller.com までメールにてお申し込みください。


主催:ハーマンミラージャパン株式会社
特別協賛:マーベラス株式会社
協賛:ONE株式会社

2015年8月20日
「2015年度 FOSC湘南キャンプ」開催のお知らせ

弊誌編集長の豊田健一が理事を務める、ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアム(以下FOSC)にて下記の通り、「湘南国際村セミナーハウス」での研修キャンプが実施されます。
http://www.fosc.jp/archives/1539


充実した研修内容と会員・賛助会員の皆様との交流を深めると共に、小山代表理事を始め、弊誌『月刊総務』編集長の豊田、クレイグのクレドエッセンス、岡田理事の「新総務考」これからの総務の在り方とキャリアアップ!等のプログラムを予定しています。
会員はもちろん、非会員の方でもご参加いただけます。


詳細はこちらをご覧ください。
(PDFが開きます)


http://www.fosc.jp/archives/1539


【お問い合わせ先】
FOSC湘南研修セミナー事務局
mr@fosc.jp

2015年8月11日
総務人事担当者の費用とストレスを軽減する、マイナンバー制度対策向け「スマートファイリングシステム」8月より本格販売

機密抹消処理サービス業でシェアNo.1*の(株)日本パープルは、8月より、法人企業の「マイナンバー制度」対策向けに「スマートファイリングシステム」を新販売する運びとなりました。


「スマートファイリングシステム」は、マイナンバー書類に触れる人を特定し、持ち出しのログを管理できる、光って位置を教えるデジタルオフィスファニチャーです。マイナンバーガイドラインE-c:<持ち出す場合の漏洩等の防止>に対応し、簡単にセキュリティ管理機能を発揮できます。


アプリとキャビネットを連動させたユニークなシステムは、企業の総務人事担当者に課せられた安全管理措置の費用やストレスを軽減する一役を担います。


(株)日本パープルでは、今後、従来のまもるくん(文書の廃棄証明書が付与できる機密抹消ツール:<ガイドラインF物理的安全管理措置>に対応)に加え、機密情報対応戦略の新機軸として育成を図る予定です。


また、他にもマイナンバー制度に対応するサービスを多数備え、企業の課題ごとにカスタマイズした施策を、プランニングから実施まで包括的にサポートする方針。
<特定個人情報の適正な取り扱いに関するガイドライン>A-Fを網羅する安心な体制構築へと導きます。


【スマートファイリングシステムとは】
主にマイナンバーガイドラインE-c:<持ち出す場合の漏洩等の防止>に対応する新オフィスデジタルファニチャー。「スマートファイリングシステム」(特許取得)は専用キャビネットとアプリが連動し、光って位置を教えてくれることで、IoTのファイリング管理を可能にします。マイナンバー書類に触れる人を限定し、持ち出しのログを企業側で管理できます


【問い合わせ先】
(株)日本パープル 事業推進統括部
Office:03-3479-1201
http://www.mamoru-kun.com