実務

自社総務部門の直面する課題解決を図る

組織の規模や方針によって、総務部門が担う業務範囲と責任は広く、重くなっていくものです。 自社が抱えるさまざまな課題に対して、根本的かつ中長期的に解決をはかりたいけど、その前に今抱えている業務の悩みを解決したいという人も多いのでしょう。 本ページではそんな実務を効率的に解決できる、直接的なノウハウに関する情報を分類してご紹介します。

20211015_osaka

大阪労働局が11月、過重労働解消キャンペーンを展開 事業場の重点監督の実施、セミナー開催など

202111_025_ogp

【入賞】エン・ジャパン:バーチャルオフィスの活用促進による、社内コミュニケーション活性化事例

20211014_light_ogp

トイレ設備や作業面の照度など、事業場の衛生基準が約半世紀ぶりに改正の見通し

月刊総務おすすめの視座別の3つカテゴリー

実務
Phase : 1 直面しているタスクを解決したい方
実務
組織の規模や方針によって、総務部門が担う業務範囲と責任は広く、重くなっていくものです。 自社が抱えるさまざまな課題に対して、根本的かつ中長期的に解決をはかりたいけど、その前に今抱えている業務の悩みを解決したいという人も多いのでしょう。 本ページではそんな実務を効率的に解決できる、直接的なノウハウに関する情報を分類してご紹介します。
強化・支援
Phase : 2 組織・他部署の支援につなげたい方
強化・支援
総務部門が担う普段の業務を発展させれば、他部門の現場を効率化・活性化させることが可能です。 本ページでは主体的・能動的に総務の業務を発展させるために必要な、サポート・アシストにフォーカスした情報を分類してご紹介します。
経営・未来
Phase : 3 中長期的に未来・経営視点を養いたい方
経営・未来
総務部門は雑務に追われる「何でも屋」ではありません。当メディアがこれまで紹介してきた多くの企業が立証しているように、「総務パーソンが変われば、会社の未来が変わる」ことは紛れもない事実です。 本ページでは、能動的に動き、会社を変えていくための「戦略総務」に必要な、経営視点・中長期視点・俯瞰的視点に役立つ情報を分類してご紹介します。

特別企画、サービス