• TOP
  • ニュース

2016年6月29日
粘着力約2倍――置き型タイプの強粘着ポスト・イット


3em_0629.jpg スリーエム ジャパン株式会社は、2016年7月15日に置き型タイプの付せん「ポスト・イット(R) 強粘着ポップアップノート」を発売します。


 本製品は、粘着力約2倍(※)の強粘着製品として初めての置き型タイプの付せん。樹脂面や垂直面などにもしっかり貼れて、強粘着製品ながらきれいにはがすことができます。片手で一枚ずつ次々と取り出せるポップアップ式で、電話中のメモなど、片手しか使えないシーンでもさっと取り出せるのが特長。「デスクの上に常に置いて使いたくなる、コンパクトでスタイリッシュなデザインもポイント」(スリーエム ジャパン)


 フタがないため、中身のふせんがなくなったら、詰め替え用をスライドしてセットするだけ。詰替え用にはオフィスで人気の「パステルイエロー」に加えて、大切なメモがしっかり目立つ「ビビットイエロー」や「ローズ」もラインアップ。シーンや用途に応じて3色を使い分けできます。


※同社通常粘着製品比


【お問い合わせ】
スリーエム ジャパン株式会社 文具・オフィス事業部
http://www.mmm.co.jp/office/
TEL:0120-510-333(受付時間 平日 9:00-17:00)

2016年6月29日
「チケットレストラン タッチ」に会員向けオプション―施設やショッピングなどで優待


 株式会社バークレーヴァウチャーズは、同社が提供する福利厚生用電子食事カード「Ticket Restaurant(R) Touch」(以下、チケットレストラン タッチ)の会員顧客を対象に、オプション(有料)で加入できる福利厚生優待サービス「Edenred(R) Well-Being Club (エデンレッド ウェルビーイングクラブ)」を7月1日より開始すると発表しました。


 同サービスに加入することで、チケットレストラン タッチによる食事補助の福利厚生サービスだけでなく、レジャー施設、映画、スポーツ、ショッピング、育児・介護などの施設やサービスを、優待・割引価格で利用できるというもの。


 チケットレストラン タッチ利用者向けの専用ポータルサイトを使って、スマートフォンからでも申し込み可能。加入するとアクセスが可能になる専用サイトから会員登録を行うことで、表示されるメニューから希望のサービスが選択できるようになります。


 同社の代表取締役のローラン・ガシェさんは、サービス開始の背景について「利用率が99%以上と、企業も従業員の皆さまにも喜んでいただいているチケットレストランですが、いろいろな施設やサービスを利用できる優待プログラムも加えられないか、というお客さまの声を受けて、今回提供を実現することとなりました」とコメントしています。


【お問い合わせ】
チケットレストラン
http://ticketrestaurant.jp/

2016年6月27日
【調査】直属の上司が女性の場合、女性の意識に好影響


 グローバル人材紹介会社のヘイズでは、世界25か国、1万1500人を対象に女性活躍推進に関する意識調査を実施しました。主な項目として、「同一労働同一賃金」「機会均等」「自己アピール」「昇進意欲」などの項目で男女別の意識を調査。日本での回答者数は430人。


 同じ労働に対して性別に関係なく同一の賃金が支払われていると思うかを聞くと、日本では男性の66%、女性の50%が「はい」と回答(世界平均:男性78%、女性56%)。日本の結果を直属の上司の性別ごとに見てみると、直属の上司が女性の場合は73%が同一賃金に「はい」と回答し、男性が直属の上司の女性は半数以下の45%が「はい」と答えています。


 また、日本では男性の60%、女性の47%(世界平均:男性77%、女性55%)が性別に関係なく平等な機会が与えられていると回答。日本の結果を直属の上司の性別ごとに見ると、直属の上司が女性の場合は77%が「はい」とした一方で、男性の直属上司を持つ女性で「はい」としたのは半数以下の41%でした。


 「同一賃金」「機会均等」のほかに「自己アピール」のしやすさにおいても、直属の上司が女性である場合は、女性の意識が大幅に改善されていることが日本以外の国々の平均でも明らかとなっています。「本調査によって、管理職に女性を増やすことが社内に好循環をもたらすことが改めて浮き彫りとなりました」(同社)。


 調査結果の詳細はこちらから。


【お問い合わせ】
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
http://hays.co.jp/index.htm?ver=d

2016年6月21日
転職者が"プロパー社員"に感じたギャップ


 マンパワーグループ株式会社は、日本国内在住の20?59歳で過去5年以内に転職経験を持つ正社員の男女を対象に、転職後の実態として「入社後"プロパー社員(新卒入社から在籍)"に感じたギャップ」について調査し、その結果を発表しました。有効回答者数は400人。

img_105947_1.png


 「入社後、プロパー社員に対してどのようなギャップを感じますか?」と複数回答で聞いたところ、「何かと融通がきかない」が21.8%で最多。そのほか、「保守的でチャレンジをしたがらない(14.3%)」「伝統・文化の変化を嫌う(11.8%)」といった"企業風土"に関する回答が上位を占める結果となりました。また、「給与体系(18・3%)」も上位にランクインしており、新卒採用と中途採用の待遇の違いに不満を抱くケースも想定されます。


 実際のエピソードとしては、「プロバー社員はその会社しか知らないため、視野が狭く、他のやり方を受け入れない」(女性/人材サービス)、「給与体系が、経験ではなく勤続年数で決まる」(男性/ソフトウェア・情報サービス関連)など閉鎖的な企業風土、給与や待遇の違いに関して多くの回答がありました。また「中途採用は評価基準が高く、認められにくい」(男性/総合商社)といった、不公平な評価に対する意見や、「グループ内の輪に入ることが困難で、業務にも支障があった」(男性/鉄鋼業)「アットホームな職場ほど、中途入社の人間が入りづらい雰囲気がある」(女性/学習塾、教育関連)といった人間関係に関する声も多く挙がりました。


 「中途採用を行う際には、企業側にも彼らを受け入れるための環境・体制づくりの努力も必要になると言えそうです。また、入社後の職場環境や一緒に働くプロパー社員たちに馴染めるのかという不安を感じている転職者のために、求人募集においては、プロパー社員の人間性や働き方を伝えるような内容を盛り込み、面接時にも、実際に働いている同世代の社員が同席したり、社内の様子を見せたりするなど、ギャップを埋めるための工夫が企業側に求められています」(マンパワーグループ)


 詳細はこちらから。


【お問い合わせ】
マンパワーグループ株式会社
http://www.manpowergroup.jp/

2016年6月21日
キングジムから「のぞき見されにくいホルダー」など4製品


 株式会社キングジムは、クリアホルダーにチャックが付いた「クリアーホルダーチャックタイプ」「クリアーホルダーチャックタイプ(マチ付)」「キングホルダー封筒タイプ(チャック・マチ付)」と、ホルダーの表面にエンボス加工を施した「のぞき見されにくいホルダー」の4製品を、2016年7月29日に発売します。


r20160621_856-10_857-10_large.jpg


 クリアーホルダーチャックタイプは上端と右端の2か所にチャックが付いているため、書類の脱落を防ぎ、広い開口部で書類の出し入れがスムーズに行え、最大収納枚数は10枚。一方、最大50枚まで収納可能なマチ付は、ホルダー上部にチャックが付いて、伝票などの小さい書類の収納にも適しています。


r20160621_787-10_large.jpg


 キングホルダー封筒タイプ(チャック・マチ付)は、キングファイルに綴じることができ、マチ付きなので書類を最大50枚まで収納可能。また、フタ部分にチャックが付いているので書類の脱落を防ぎます。


r20160621_826_large.jpg


 のぞき見されにくいホルダーは、半透明グレー色とホルダー表面にエンボス加工を施しているため、斜めの角度からは書類の中身が見えにくいクリアホルダー。人の多い場所や公共の場などで書類を閲覧したい時に便利です。また通常のホルダーよりも素材が厚いので丈夫で長持ちします。価格は1枚150円(税別)


・クリアーホルダーチャックタイプ A4 1パック10枚入 500円(税別)
・クリアーホルダーチャックタイプ(マチ付) A4 1パック10枚入 600円(税別)
・キングホルダー封筒タイプ(チャック・マチ付) A4 1パック10枚入 600円(税別)
・のぞき見されにくいホルダー 1枚 150円(税別)


【お問い合わせ】
株式会社キングジム
http://www.kingjim.co.jp/

2016年6月15日
年下上司の下で「仕事がしづらい」理由


 エン・ジャパン株式会社は2016年3月、同社が運営する人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」を利用している35歳から59歳のユーザーを対象に、「年下上司」についてのアンケートを実施しました。有効回答数は303人。


 全体の66%が「年下上司」の下で働いたことがあると回答。また、40代後半以上になると7割が年下上司を経験していることがわかりました。年下上司の下で働いたことがあると答えた人に、感想を聞くと約6割が「仕事をしづらい」と回答。また、仕事をしづらい理由を聞くと、「人の使い方が下手」が最多で66%。エン・ジャパンは、「マネジメント経験が足りないことに加え、年下上司本人が自分よりも年上の部下をどう扱えばよいかに困惑しているのでは」と分析しています。このほか、「知識・知見が少ない」(45%)、「人の意見を受け入れない」(43%)、「人望がない」(42%)などの回答が目立ちました。


img_105628_3.png

 一方、年下上司の下で「仕事をしやすい」と回答した人に理由を聞くと、「謙虚な姿勢」(48%)、「人の意見を柔軟に受け入れる」(41%)が上位にランクイン。たとえ自分のほうが役職が上であっても、人生経験が豊富な年上部下の意見を柔軟に受け入れる謙虚さを持つ方が支持されるようです。


img_105628_4.png


 年下上司と仕事をする際に気をつけていることとしては、「タメ口ではなく、敬語を使う」(72%)、「さん付けにして、呼び捨てにしない」(59%)という回答が上位となり、年上部下として、役職の序列を意識したコミュニケーションを心がけている方が多いことがわかりました。


img_105628_5.png


【お問い合わせ】
ミドルの転職
https://mid-tenshoku.com/

2016年6月14日
ロジカルシンキングをゲーム形式で学べる研修「ロジカルトランプ」


 株式会社マネジメント・ラーニングは、ロジカルシンキングを楽しく効果的に学べる「ロジカルトランプ(R)」を発表、2016年6月7日より同ツールを使った社員研修を全国で開催します。


47001_DVHnvWQhZl.jpg


 同ツールは、企業を舞台とした物語を解き明かすことで、論理的思考力を高める研修用ツール。カードに書かれた登場人物のコメントを切り口に、ピラミッドストラクチャーの構築やフレームワークを学習します。


 これまでの研修でよく使われてきた、ケーススタディを読み込んで演習をするスタイルはなく、トランプに書かれた登場人物の主張を通して議論するゲーム形式となっており、会社内でよくある人間関係を描いたカードであるため、感情移入しやすいのが特徴。研修では、自分の手札を使って主体的に考えることが求められ、参加者全員が常に頭をフル回転させて問題解決に挑戦します。手を動かし発言することで、ロジカルシンキングの各種フレームワークを習得していきます。


 現在同ツールは、初級編と中級編の開発が進み、今後さまざまなテーマを追加する予定とのこと。詳細はこちらから。


【お問い合わせ】
株式会社マネジメント・ラーニング
担当:久保田
TEL:06-7878-6526
E-mail: kubota@management-learning.co.jp

2016年6月14日
来四半期に向け全業種で増員―マンパワー雇用予測調査


 マンパワーグループ株式会社は2016年6月14日、2016年第3四半期(7-9月期)における企業の雇用計画を調査する「マンパワー雇用予測調査」の結果を発表しました。有効回答社数は、東京・大阪・名古屋の企業1076社。


 調査の結果、季節調整後の純雇用予測は22%、前四半期比、および前年同期比と同じ数値となり、企業の雇用活動は引き続き好調。全体の内訳は、1076社からの回答のうち従業員を「増員する」と回答した企業が23%、「減員する」との回答は、3%、「変化なし」が51%でした。
 

 地域別の純雇用予測(季節調整後)は、東京(+24%)、大阪(+20%)、名古屋(+21%)の3地域すべてでプラスの値となりました。業種別で見ると、7業種すべてで来四半期に向け増員を予定していることがわかります。純雇用予測は、「鉱工業・建設」が+32%と全四半期に続き雇用意欲が最も高い結果でした。「サービス」も+25%と強固な値を示しています。「運輸・公益」「卸・小売」は共に+24%と、いずれも好調な雇用活動が予測されます。「金融・保険・不動産」は前年同期比から若干減少し、前期と同数の+21%、「製造」は+20%と前四半期比同数、前年同期比からは若干減少傾向に。雇用意欲が最も控えめな値は、前期に引き続き「公共・教育」で、+8%となっています。


 
 調査結果の詳細はこちらから。
 
 

※純雇用予測:調査結果のうち「増員する」と回答した企業数の割合(%)から「減員する」と回答した企業数の割合(%)を引いた値
※季節調整値:月々の変動の癖(季節的要因)を除去したことを推計した値で、調査開始から3年以上経っている国で適用。日本では2006年第3四半期から適用しており、すべて季節調整値をもとにした分析値を指標にしている
※7業種:「金融・保険・不動産」「製造」「鉱工業・建設」「公共・教育」「サービス」「運輸・公益」「卸・小売」


【お問い合わせ】
マンパワーグループ株式会社
http://www.manpowergroup.jp/

2016年6月10日
求人応募者が"ブラックバイト"を見極める3つのポイント


 ツナグ働き方研究所は、2015年11月27日から12月4日までの間、「アルバイト&パート採用プロセス行動調査2016」を実施。アルバイト・パートに直近で接点がある全国の18?69歳までの3000人を対象に、応募、面接、採用、入社といった採用に関する一連のプロセスにおいて、5段階プロセス14項目の設問を抽出、各プロセスにおいてどのような意識が働いているのか、その意識の基づいてどのような行動がとられているかを調査するもの。同研究所はこの調査によってわかった、ブラックバイトかどうかを応募者が見極めるために用いている3つのチェックポイントを公開しました。


●応募電話


 仕事探しで利用した情報媒体については「ネット媒体」(46.0%)が1位。「紙媒体」(23.4%)のダブルスコアを獲得する結果になりました。学生にフォーカスすると「ネット媒体」利用86.2%、「紙媒体」利用はわずか5.7%でした。このスマートフォン(以下、スマホ)の普及によって、応募手段もWebメールが主流になるかと思えば、応募者全体の61.1%が「電話」を利用している事実があります。つまり「PC端末としてのスマホ」でネット検索し、気になる求人情報が見つかれば、「電話端末としてのスマホ」でそのまま電話番号をタップし応募をしているようです。


img_104507_3.jpg


 「この電話応募回帰がもたらしたのが、電話対応で、応募先がブラックなのか否かを確かめる"ブラック度チェック"」(ツナグ働き方研究所)という。"応募時の電話・メールの対応が不満だったから"という理由で面接をキャンセルしたのは15.4%とそれほど高くないものの、「逆に応募者に関する簡単な確認と面接設定というシンプルなやりとりの中で、応募者が不満を抱き面接に行く気持ちを失くさせてしまう......ことになりかねない」と同研究所は警鐘を鳴らしています。


●職場下見


 面接に行く前に応募先へ下見に行ったことがあるかという質問に対して「ある」と回答した応募者が51.2%。クチコミサイトやランキングなど、客観評価から情報を収集し選択することが一般化してきたことも手伝い、ネットで細かく調べて、さらに最終的には自分の目で「職場」を確かめる応募者が増えていることがわかります。


img_104507_4.jpg


 下見の際のチェックポイントは「店・勤務場所の雰囲気」(55.3%)が最多。結果「イメージと異なっていたから」という理由で面接をキャンセルした応募者が9.8%。下見した応募者ベースでは約2割がこの段階で離脱してしており、実はその異なるイメージは求人広告の影響によるものかもしれません。


●面接本番


 アルバイト・パートの面接時に不満に思ったことがあるかを聞いたところ、「不満に思ったことがある」応募者が50.7%。理由として、最も多かった回答は48.8%で「面接官の態度が上から目線だった」。次いで「面接官が親切ではなかった」(26.2%)、「面接官の態度が怖かった」(23.8%)と、ほぼ不満は面接官に集中しました。


img_104507_5.jpg

 
 面接時の対応で「働きたい」という気持ちが強くなったことを聞いたところ、「仕事に対する説明を十分にしてくれる」が89.5%で1位。また同じ質問に対し「面接の場で採用と伝えられること」という回答が72.7%。面接即決は「ここで頑張りたい」という応募者への動機づけにつながることがわかりました。


img_104507_6.jpg


 詳しい調査結果と分析はこちらにて確認できます。


【お問い合わせ】
株式会社ツナグ・ソリューションズ
https://corporate.tsunagu.co.jp/company/contact.html

2016年6月 9日
福利厚生でお金の勉強―ほけんの時間、企業向けにFP派遣サービス開始


 株式会社ほけんの時間は、企業向け福利厚生サービスとして、ファイナンシャル・プランナーを派遣し、貯蓄や資産運用、家計の最適化など、お金にまつわる無料相談ができる「ほけんの時間@Biz」を提供します。


 本サービスは、経験と人柄で厳選されたファイナンシャル・プランナーの中から、要望にあった専門家を勤務先や喫茶店や自宅など日本全国、希望の場所へ派遣するというもの。平均経験年数7年の経験豊富なプロが担当し、何度相談しても無料。保険会社とも保険代理店とも異なるため、 数ある保険の中から、公平中立な立場で提案を行い、「『保険の相談はしたいが、売り込みをされるのは嫌』『資産運用の方法や税金の仕組みを知りたい』といったニーズに応える」(ほけんの時間)という。また、保険に限らず、節約・家計などお金にまつわる悩みであれば、何でも相談が可能です。


 無料保険相談を行った面談者全員に6000円分のギフト券がプレゼントされます。


【お問い合わせ】
株式会社ほけんの時間
https://www.hokennojikan.com/contact/

2016年6月 9日
"魅力を感じる"企業とは?―全国1万人に調査


 株式会社電通パブリックリレーションズ内の企業広報戦略研究所は、生活者が企業のどのような活動に魅力を感じ、その魅力がどのように伝わっているのかを解析することを目的に、2016年3月「第1回企業魅力度調査」を実施しました。本調査では、企業の魅力を構成する3要素(「人的魅力」「会社的魅力」「商品的魅力」)ごとに重視すべき12項目(計36項目)を定め、調査を行いました。対象企業は10業種計150社、調査対象者は全国の20から69歳の男女それぞれ各業種ごとに1000人ずつ1万人。


dentsupr_16060901.jpg


 調査の結果、「ビジョンを掲げ、業界を牽引している」という「人的魅力」が50.5%で1位でした。同じく「人的魅力」でTOP5に入ったのは、「信頼できるリーダー・経営者がいる」(40.8%)、「チャレンジスピリットにあふれたリーダー・経営者がいる」(39.2%)でした。「人的魅力」、とりわけ挑戦を続け、あるべき将来を提言しているソートリーダーの存在が、企業の魅力に大きく影響することがわかります。一方、嫌いな企業名とその理由を自由に回答してもらったものをテキストマイニング(※)で集計したところ、「ブラック」「対応」「社員」といった単語が多く挙げられました。


dentsupr_16060902.jpg


 業種別で、"魅力を感じる"とした項目の合計数を積算すると、「電気機器」が3万2760項目で2位以下を大きく引き離しトップに。「電気機器」の3つの魅力を比較すると、「商品的魅力」が42.1%と最も多い割合となりました。一方で、10業種中最下位は1万5183項目の「エネルギー」でした。電力・ガス自由化などで競争が激しくなっている業界ですが、生活者は「商品的魅力」に大きな差を感じず、提供する企業に対する信頼・信用などの「人的魅力」(41.6%)が重要視されていることがうかがえます。


dentsupr_16060903.jpg


 企業の魅力を最も感じた項目を見聞きしたのは、「番組や記事」が41.6%で最も高くなりました。メディア関連項目では、「企業が直接発信する情報」が27.6%で次に割合が高く、生活者が企業の魅力を感じる際の伝達経路として、「メディア」を介すものと(54.4%)、「リアル」な体験を介すもの(45.6%)がバランス良く表れました。メディア関連項目を詳しく見ると、「テレビ番組」を通じて魅力を見聞きする人が46.5%でした。さらに、「企業のウェブサイト」を情報源として回答した人が22.2%と、メディア種別では3位となり、「昨今注目を集めるオウンド・メディアの存在感が一般生活者の中で増していると考えられます」(企業広報戦略研究所)


※文書を単語に分解し、出現頻度や関係性を分析すること


【お問い合わせ】
企業広報戦略研究所
http://www.dentsu-pr.co.jp/csi/

2016年6月 9日
電報サービスのヒューモニー社が業界初の人事情報の掲載サービスをスタート

電報・胡蝶蘭の手配をよりスムース&便利に
法人企業専用サイトを大幅リニューアル


4万社以上の法人企業が利用中の電報サービス VERY CARD for Business(http://www.keicho.net)を提供している株式会社ヒューモニー(本社:東京都中央区 代表取締役:高野瀬明郎)が、法人企業専用サイトを大きくリニューアル。


「ここ数年、法人企業の慶弔にまつわる需要が高まっており、中でも2015年度の胡蝶蘭の受注数においては、前年比155%の勢いで伸びております。この流れを受け、今回のリニューアルでは、様々な利用場面に合った商品のご提案をより細やかに行えるようにし、さらなる顧客満足度向上につなげていきたいと考えております」(ヒューモニー)


【リニューアル内容】

○トップページ大幅リニューアル
 ログイン後のトップページを、より見やすくリニューアル。商品カテゴリ別や利用場面別のボタン追加、人事・就任祝いや叙勲・褒章祝いなどの特集ページが豊富に設けられ、用途に合わせた商品を選びやすくなりました。
※一部企業を除く


○業界初!人事情報の掲載サービススタート
 一部上場企業の役員人事情報を法人企業専用サイト内にてご覧いただけるようになりました。こちらご登録企業様のみ閲覧できます(ご登録無料)。情報はログイン後のページにて掲載しており、休業日を除き毎日11時ごろを目安に更新されます。※一部企業を除く


○本格胡蝶蘭の商品ラインアップ多数追加・オーダーメイドでの申し込みスタート
 お客様からの多数のご要望を受け、商品ラインアップに新たに10商品を加わりました。今回のラインアップ追加により、本格胡蝶蘭3本立21輪から本格胡蝶蘭7本立のプレミアム特選98輪まで、すべてのランクにおいて白・赤リップ(※1)・ピンクの3色からお選びいただけるようになりました。また、ご予算・ご要望に合わせたオーダーメイドでのご注文も承れるようになりました。
※1 リップ(花の中央)が赤く、周りは白色の品種です。 色が「紅白」ということで、お祝いに最適とされています。


160609.jpg
【お問い合わせ先】
株式会社ヒューモニー
電話:03-6633-6820
VERY CARD for Business(http://www.keicho.net

2016年6月 9日
グループチャット「Sync メッセンジャー」に新機能―会社名、職業から人物検索が可能に


 ウォンテッドリー株式会社は、グループチャットアプリ「Sync メッセンジャー」(以下、Sync)のiOS版に、「つながり管理」機能を追加したと発表しました。


 つながり管理は、ビジネスSNS「Wantedly」のプロフィール情報から会社名、職業、学校名などで人物が検索できるというもの。つながった人に対しては、PCサイト上の「タグ」や「メモ」機能で、特徴や印象、話した内容を残すことが可能です。「交流会や勉強会では、たくさんの人に会い、名前を覚えきれないことも頻繁にあります。名前を忘れても会社名や職業から検索できるため、もれなく人脈を構築できます。残したタグやメモは検索できるので、出会ったシーンや印象から取り出し、連絡することも可能です」(ウォンテッドリー)


 今後は日付や期間からも検索できるようなアップデート予定。Android対応は今夏以降の導入を検討しているとのこと。


【お問い合わせ】
ウォンテッドリー株式会社
http://site.wantedly.com/

2016年6月 9日
2016年夏季賞与、「増額」割合が高い業種トップ3


 エン・ジャパン株式会社は、2016年4月20日から5月24日までの間、同社が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」上で、同サイトを利用している企業の人事担当者を対象に「2016年夏季賞与」についてアンケート調査を実施しました。有効回答社数は591社。


 「昨年の夏季賞与支給額と比較して、支給予定額に変動はあるか」という問いに対し、もっとも多かった回答は「昨年と変わらない」(57%)でした。一方、「増額する」(29%)と回答した企業は、前年に実施した同調査(33%)に比べ4ポイント低下しました。


img_105098_2.png


 「増額予定」と回答した割合が高い業種トップ3は「メーカー」(34%)、「不動産・建設関連」(33%)、「広告・出版・マスコミ関連」(31%)となりました。「不動産・建設関連」「広告・出版・マスコミ関連」は減額予定と回答した企業が1割未満で、業界全体での業績好調さがうかがえます。一方で、「減額予定」と回答した割合が高い業界は「商社」 (20%)、「金融・コンサル」(20%)という結果になりました。


 夏季賞与を「増額予定」と回答した企業に増額率を聞いたところ、4割の企業が「5%未満」と回答。増額する理由の第1位は「業績が好調」(70%)、第2位「社員の意欲向上」(54%)でした。コメントには「昇給に連動して増額」(メーカー)といったベースアップに伴って賞与を増額したという声が多く挙げられました。「減額予定」と回答した企業の減額率で最も多かったのは「7%?10%」(18%)。減額の理由は「業績不振」(88%)が最多ですが、コメントを見ると「業績の低下のよるものだが、昨年度が特別に良かったためで今期が例年と比較して悪いわけではない」(メーカー)、「昨年の業績が良かったため目標が上がり、大幅な売上増とはならなかったから」(商社)など、昨年度の業績と比べると劣るものの、低い水準ではないという声が目立ちました。


 調査結果の詳細はこちらから。


【お問い合わせ】
エン 人事のミカタ
https://partners.en-japan.com

2016年6月 8日
宛先や添付をマウスでなぞるメール誤送信防止アプリ、KDDI研究所から


 株式会社KDDI研究所は、メール送信時に宛先や件名、添付ファイルの重要情報をなぞって指差し確認することで、メールの誤送信などのセキュリティ事故を未然に防止する、メール誤送信防止アプリ「Nazori Mail Checker」を開発、2016年7月1日より法人向けに提供を開始すると発表しました。


20160608nazori01.jpg

 Nazori Mail Checkerは、PCの画面上に表示された宛先や件名、添付ファイルの重要情報を、マウス操作でなぞらなければメールを送信できない機能を搭載し、慣れや思い込みによる確認漏れを防ぐことができるアプリ。
 画面上に表示される宛先をなぞれば、ひらがなや会社名に変換して表示され、入力誤りをより精緻に発見できる機能を備えているほか、「Nazori Mail Checker」をインストールしたPC間で、送信前のメールをお互いに確認できる「第三者確認機能(※)」によって、さらにメール誤送信の防止に役立つという。


 動作環境は以下の通り。


・OS:Microsoft Windows 7(SP1)/8.1/10
・対応メールソフト:Microsoft Outlook 2010(32bit版のみ)/2013/2016(32bit版/64bit版)
・フレームワーク:Microsoft.NET Framework 4/4.5


 操作方法の詳細はこちらにて確認できます。


【お問い合わせ】
KDDI研究所
http://www.kddilabs.jp/

2016年6月 8日
経営コンサルのプロレド・パートナーズが名古屋支社を開設


 コストマネジメントとCRE戦略を手がける経営コンサルティング会社の株式会社プロレド・パートナーズは、2016年6月1日付で、名古屋支社を開設したことを発表しました。


 同社の代表取締役で、コスト削減の実現に必須のビジネス交渉術を解説した書籍『体温の伝わる交渉 702社のコスト削減を実現したプロの作法』(ウィズワークス株式会社)の著者でもある佐谷 進さんは、名古屋支社開設の経緯について、「全お取引先の9割以上が小売業・メーカーであるプロレド・パートナーズは、メーカー企業の多い中部地区を重要拠点と位置付けています。また中部地区にはすでにお取引のある企業も多く、これまで以上に充実したコンサルティングをご提供していくためにも、このたびの名古屋支社開設に至りました」とコメントしています。


 名古屋支社の概要は以下の通り。


・名称:名古屋支社
・所在地:名古屋市中区丸の内3-7-26 ACAビル5F
・電話番号:052-265-6513
・業務開始日:2016年6月8日(水)


【お問い合わせ】
株式会社プロレド・パートナーズ
広報:田原(たはら)
TEL:080-9087-2528
E-mail:m_tahara@prored-p.com

2016年6月 7日
女性が正社員で働く上で最も気になることは?


 エン・ジャパン株式会社が運営する正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト「エンウィメンズワーク」では、2016年3月24日から4月20日の期間「正社員で働くこと」をテーマにアンケートを実施し、その結果を発表しました。有効回答者数は20代から40代の女性786人。


img_104703_1.png


 「正社員で働きたい理由」を複数回答可で聞いたところ、「賞与を手にしたい」(71%)、「契約更新などを気にせず、安心して働きたい」(70%)、「毎月固定の給料を手にしたい」(69%)が上位に。年代別で見ると、30代、40代は「契約更新などを気にせず、安心して働きたい」と回答した人が最多で、賞与や給与といった金銭面よりも雇用の安定性を理由にする人が多いことがわかりました。


img_104703_2.png


 「正社員で働く上で一番気になること・心配なこと」については、「家庭と仕事が、両立できるか気になる」(20%)が最多となり、「希望と違っても、簡単に辞められない」(18%)が続きました。「正社員だと有給がとりづらかったり残業があったりと時間のコントロールが難しそう」「人間関係がうまくいかなかったときでも容易に辞められない」などのコメントが目立ちました。また、年代別で見ると、20代は「希望と違っても簡単に辞めにくい」(23%)、30代・40代は「家庭と仕事、両立できるか気になる」(30代:23%、40代:25%)という回答がそれぞれ上位となりました。


【お問い合わせ】
エンウィメンズワーク
http://women.en-japan.com/

2016年6月 7日
コニカミノルタが法人向けオンライン英会話サービスを提供開始


 コニカミノルタ株式会社は、企業のグローバル人財育成支援に向けた新サービス「KONICA MINOLTA オンライン英会話」を開発したと発表しました。


 世界150か国で販売体制の基盤を持ち、売り上げの約8割は海外、従業員の7割は外国人という同社が、自社の幅広い組織で長年培ったグローバルコミュニケーションのノウハウを教材コンテンツに展開し、ビジネスの場で即活用ができる英会話力の習得を支援するというもの。「学習状況や英会話力の見える化の仕組みを開発し、ユーザーが学習の成果を客観的に把握でき、学習意欲を促進するプログラムを実現した」という。


 本サービスの主な特長は以下の通り。


・同社内のリアルなビジネスシーンを集約するとともに、社内実践のフィードバックも取り入れて教材コンテンツを作り上げているため、実践的なビジネス英会話レッスンを受講できる


・スピーキング、リスニング、リーディングで設定した22の英語力評価項目の結果を独自のデータ処理により5つの指標にまとめて数値化し、利用者にわかりやすく実力を見える化。目標に対する成果を容易に測定し、効果的なレッスンの受講を継続することが可能


・受講に必要な情報は教材も含めて、すべてがPCの受講画面上に表示されるため、講師との英会話に集中しやすい環境を作れる。レッスン中にわからなかった練習問題は復習ボタンにより再表示できるとともに、講師とチャットしたコメントの履歴も確認できるなど、効率的に復習ができる機能を装備


・月1回のスピーキングテストおよびリスニング&リーディングテストが受けられるパッケージも選択可能。テスト結果の統計処理を行い、「英会話力」として数値化し、スコアに応じて学習アドバイスを行う。また、レッスンの受講、予習・復習など学習を積み重ねた分だけ学習ポイントが付与され、ほかの受講者との学習状況の比較、企業内での受講者をポイントの多い順にランキング表示することも可能


【お問い合わせ】
KONICA MINOLTA オンライン英会話
https://infohello.konicaminolta.jp/

2016年6月 7日
日立マクセル、会議室への設置性を向上させたプロジェクター3機種



 日立マクセル株式会社は、液晶プロジェクター「5000シリーズ」3機種を、2016年6月より順次発売すると発表しました。価格はオープン。

0607.jpg

 本シリーズは、会議室、教室向けに設置性の向上を図ったモデル。会議室、教室への天井設置が可能なほか、机上設置にも適したデザインで、映像サイズや投写位置を容易に調節できる「1.7倍ズーム」(※)、「レンズシフト」機能を装備しています。


 さらに、「エッジブレンディング」機能や「幾何学補正」機能を搭載しており、複数のプロジェクターを使って、湾曲した壁面や横に長く広がるスクリーンなどに継ぎ目のない映像を投写することが可能。本機2台を縦に組み合わせて設置することで、およそ2倍の明るさが得られる「簡易スタック」機能も備えています。


 HDMI×2系統、MHL×1系統(HDMI1と共用)、HDBaseTを装備。この入力信号を、日立独自技術の「HDCR(High Dynamic Contrast Range)」と「ACCENTUALIZER(アクセンチュアライザー)」で処理することで、投写映像の高画質化を図り、より視認性の高い映像を可能にしています。また、長時間使用する場合も視認性が維持されるよう、ランプの使用状態に応じた自動画像補正を行う「イメージオプティマイザ」機能を搭載しています。機能の詳細はこちらから。




型式 明るさ リアル解像度 質量
CP-WU5505J 5200ルーメン WUXGA 約7.1kg
CP-WX5505J 5200ルーメン WXGA 約6.8kg
CP-X5555J 5800ルーメン XGA 約6.8kg



※1.7倍ズーム: CP-WU5505Jは1.7倍ズーム、CP-WX5505J, CP-X5555Jは1.6倍ズームレンズを搭載しています。


【お問い合わせ】
日立グループ
http://www.hitachi.co.jp/support/inquiry/index.html

2016年6月 6日
給与や知名度を重視する傾向へ――新入社員意識調査


 株式会社日本マンパワーは、2016年4月入社の新入社員を対象に意識調査を実施しました。有効回答数は108社、6856人。


 6年間で比較すると、「自分があげる成果」「職場の人間関係」「自分のモチベーション維持」「自分のイメージどおりの仕事かどうか」に対する不安が増加しました。入社した会社(組織)を選んだ理由としては、「給与や待遇」「知名度」のポイントが3年間連続して増加する一方で、「自分のやりたいことができる」「社内の雰囲気や人間関係が良い」「自分が成長できる」「社会の役に立っている」に「あてはまる」と回答したポイントは減少しました。また、「理想とする5年後の自分像」を持つ比率は経年で比較して現状維持となり、5年後の自分像・キャリアビジョンを持っているかどうか、これが実現できそうかどうかについては、仕事への期待とダイレクトに結びついているという結果が見られました。


 子供が生まれた後の自分と配偶者の働き方について、女性が出産後に「働きたい」「どちらかといえば働きたい」と答えた割合は78.5%。一方、男性は配偶者に「働いてほしい」「どちらかといえば働いてほしい」と答えたのは37.9%であり、40.6ポイントのギャップがありました。しかし、経年で比較すると、2014年は43.7ポイント、2015年は41.8ポイント、2016年は40.6ポイントと、そのギャップは年々減少傾向にあるようです。


 詳細はこちらから。

2016年6月 6日
ジョルダン、「LSクラウド・ウエア 交通費精算+」に「乗換案内Biz」を提供


 ジョルダン株式会社は、リトルソフト株式会社が提供するクラウド型のワークフローシステム「LSクラウド・ウエア」の新サービス「LSクラウド・ウエア 交通費精算+(プラス)」に、法人向け乗換案内製品「乗換案内Biz」の提供を開始すると発表しました。


 「LSクラウド・ウエア 交通費精算+ 」では、交通費申請者はスマートフォンを利用して、訪問先までの各種交通経路を検索すると、その内容がワンクリックで精算書に反映され、データを保存できます。経理管理者は、締め日にクラウド上で申請データを確認・承認し、データをダウンロードすることにより会計ソフトなどに連携することが可能となります。


 詳細はこちらから。


【お問い合わせ】
LSクラウド・ウエア 交通費精算+
http://www.littlesoft.jp/cloudware/koutsu.html

2016年6月 3日
ジェットストリームから軸色が黒のシックなデザイン登場


 三菱鉛筆株式会社は、油性ボールペン「ジェットストリーム」シリーズから黒を基調にした軸色の「スタンダード」(インク色:黒)と「3色ボールペン」(インク色:黒、赤、青)を2016年6月15日より数量限定で発売します。価格はスタンダードが150円(税別)、3色ボールペーンが400円(税別)。


jetstream_limitedcolor2016.jpg

 ジェットストリーム スタンダード/ 3色ボールペンは、「ビジネスシーンにマッチする、シックな黒を基調としながらも、クリップ部分は上品なバイオレット、鮮やかなピンク、クールなネイビーの3色を展開し、ワンポイントで個性を表現できるデザインに仕上げた」(三菱鉛筆)という製品。ボール径はどちらも0.5ミリ、0.7ミリの2種を用意しています。


 詳細はこちらから。


【お問い合わせ】
三菱鉛筆株式会社
http://www.mpuni.co.jp/

2016年6月 2日
1時間1500円から―カラオケパセラがレンタル会議室サービスを開始


 株式会社ニュートンが運営する「カラオケパセラ」の3店舗(池袋本店・上野公園前店・新宿靖国通り店)が、2016年6月1日より、平日18時までの時間帯限定で、カラオケルームを会議室としてレンタルする「パセラの会議室」サービスを開始しました。


42860_aEaKxixxJT.jpg


 同サービスは、カラオケルームを活用した1-12人で利用できるレンタル会議室。完全個室で防音が施されているため外部に会話が漏れる心配がなく、全室にモニターやWi-Fiを完備しているため、モニターを使ったプレゼンや、持ち込んだPCを利用しながらの商談やミーティングなどが行えます。また、カラオケフロアとは異なるフロアを会議室の専用フロアとするため、ほかの部屋からカラオケの音が漏れ聞こえて打ち合わせの邪魔にならないよう配慮されています。


 室料のみの価格(1500円から)で利用でき、3時間以上利用する場合は利用料金は一律。人数分のドリンクを無料サービスするほか、「カラオケパセラ」のメニューから、各種料理やスイーツなどの注文も可能となっています。


【利用料金】
1時間    1500円(スモールルーム)/2500円(レギュラールーム)
1.5時間   2250円(スモールルーム)/3750円(レギュラールーム)
2時間    3000円(スモールルーム)/5000円(レギュラールーム)
2.5時間   3750円(スモールルーム)/6250円(レギュラールーム)
3時間以上  4500円(スモールルーム)/7500円(レギュラールーム)

※スモールルームは最大6人、レギュラールームは最大12人まで利用可能
※会議室プランではカラオケは利用不可


【お問い合わせ】
パセラの会議室
http://www.pasela.co.jp/karaoke/kaigi/index.html

2016年6月 2日
引出力"世界最軽量"の修正テープ、トンボ鉛筆から


 株式会社トンボ鉛筆は、軽い力で引ける修正テープの新製品「MONO AIR(モノエアー)」を2016年6月8日に発売すると発表しました。


20160601_monoair_1-1024x771.jpg

 これまでの修正テープは、紙面からヘッドを離した時のテープのたるみを防止していたため、テープ残量がわずかになるとリールの径が小さくなり、平均で約30%引出力が重くなって使いにくくなっていました。MONO AIRは、テープ走行をコントロールする機構を内蔵しており、修正ヘッドが紙面に触れる力を利用して「テープ走行(ロック解除)」、紙面から離れると「テープ停止(ロック)」することで、これまでつねにリールに負荷していた抵抗(重み)を半減させています。同社従来品に比べ、修正テープを紙面にあててテープを引き出す力(引出力)がテープ残量10メートル時で61%の軽減、残量2メートル時で58%の軽減に成功。同社の調査ではこの軽い引出力は"世界最軽量"とのこと。


 テープ幅は4.2ミリ、5ミリ、6ミリの3種、色柄はテープ幅別にスタンダードタイプとカラータイプ(ライム・ブルー・ピンク)を用意し、メーカー希望小売価格は全種250円(税別)。なお、発売時の数量限定品として、使いきりタイプのパールブルー、パールイエロー、パールピンクの3色(テープ幅5ミリ、10メートル巻き)も発売される予定となっています。


【お問い合わせ】
株式会社トンボ鉛筆
0120-834198
http://www.tombow.com/