2017年12月26日
伊藤園が平成29年度ジャパンSDGsアワード(第1回)にて特別賞を受賞!

いつもご愛読いただきまして、ありがとうございます。伊藤園の笹谷秀光です。


嬉しいお知らせです。


伊藤園が平成29年度「ジャパンSDGsアワード」(第1回)にて特別賞「SDGsパートナーシップ賞」を受賞しました!


ジャパンSDGsアワード 特別賞を受賞(12月26日(火))


おかげさまで、伊藤園が平成29年度「ジャパンSDGsアワード」(第1回)にて特別賞「SDGsパートナーシップ賞」を受賞。各界におけるトップランナーとしてSDGsを推進、本業を活用しパートナーシップを重視した活動との評価をいただきました。


この表彰は、持続可能な開発目標(SDGs)推進本部が主催し、2015年に国連で採択されたSDGsの達成に向けて、優れた取組を行う企業・団体等を表彰する制度で、平成29年度は第1回目の開催となります。



今回の受賞者は次の通りです。

・SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞: 北海道下川町

・SDGs推進副本部長(内閣官房長官)賞:特定非営利活動法人しんせい、パルシステム生活協同連合会、金沢工業大学

・SDGs推進副本部長(外務大臣)賞: サラヤ株式会社、住友化学株式会社

・特別賞:吉本興業株式会社、株式会社伊藤園、江東区立八名川小学校、国立大学法人岡山大学、公益財団法人ジョイセフ、福岡県北九州市


▼受賞企業について詳しくはこちら
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/


▼平成29年度「ジャパンSDGsアワード」について(外務省ホームページより)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/gic/page4_003331.html


▼株式会社伊藤園のSDGsの取り組みについて
https://www.itoen.co.jp/csr/csrpolicy/sdgs/



伊藤園は、主力事業である緑茶事業などで「茶畑から茶殻まで」の一貫した生産体制を構築して、SDGsの目標「12持続可能な生産と消費」など、幅広い目標に貢献しています。

今後も、「世界のティーカンパニー」を目指し、SDGsの目標17「パートナーシップ」を念頭に、バリューチェーン全体で価値創造を進め、社会や地域の課題の解決に貢献する積極的な事業展開を行うことで、持続可能な社会形成に取り組んでまいります。