ここがポイント ―中小企業の採用戦略

ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第13回:面接での留意点(2)

ユニティ・サポート  代表/人事コンサルタント 小笠原 隆夫
最終更新日:
2013年10月31日

採用面接について、前回挙げた3つのポイントについてご説明したいと思います。

面接は「接客」であると心得る

ポイントの1つ目は「まずは接客であると意識すること」です。

不遜な態度の面接官の話は、いろいろな所で見聞きします。ため息をつかれた、説教された、目も合わそうとしない、乱暴な言葉づかい、見下したような態度・・・.etc.  

私から言わせればこんな話は論外で、その会社に人を採用する資格はないと思います。面接官個人の資質の問題ともいえますが、そういう人物に面接をやらせているのは会社ですから、全く言い訳になりません(もしも自社がこのような指摘をされたとしたら、取引先や社員同士など、ほかの場面でも同じようなことが起こっている可能性が高く、十分注意する必要があります)。

採用活動は仕事のパートナー探しであり、企業の広報活動でもあるとお伝えしてきました。応募者も入社に至らない限りは永遠にお客様です。まずは節度ある真摯な態度で応募者と接するということが、面接官としての基本中の基本であろうと思います。

相手の話をたくさん聞かなければ「面接」にならない

ポイントの2つ目は「聞き上手に徹すること」です。

意外によくあるのが、面接官が話している時間の方が長いような面接です。俗に言う話し好きや、もともと口数が多いタイプの人が面接官になると、より顕著な傾向でそうなります。

一見すると話が弾んで良い雰囲気のようですが、話し好きというのは、要は自分の話を聞いてもらいたい人が多いので、相手の事情を確認することはあまり得意としていません。事務的な確認事項すら聞き漏らしていることもあります。自分主体で話していて、相手のことは確認しきれていないわけですから、結果の判断が、「自分の話を聞いてもらった気分の良さ」に左右されるようなケースもあります。

面接では受け答えの内容だけでなく、しぐさや表情、声のトーン、そのほかを糸口として、いかに多くの判断材料を限られた時間内で集められるかがポイントになります。そのためには、応募者にいかに多くのことを話してもらうかが、最も重要になります。つまり適切な質問をいかにたくさんするかということが、進め方のポイントなのです。

話し好きは日常のコミュニケーションを円滑にする中で力を発揮していただき、面接の場では聞き上手に徹していただければと思います。

「面接」では自分好みの一面で思い込まないこと

ポイント最後の3つ目は「常に反対の側面を意識すること」です。

これは言い方を変えると「思い込みの強さはNG」ということです。人間なら誰でもあると思いますが、自分のツボにはまったことを、一面だけから思い込みで強調してみてしまう傾向があります。単純なことでいえば「スポーツをやっていたから打たれ強い」「キャプテンだったからリーダーシップがある」「○○大学だから優秀だ」というようなことです。

総論的な傾向としてはそのように言える部分もありますが、採用活動において最終判断する上では、あくまでその人がどうなのか、個別判断の世界になります。「スポーツをやっていたから打たれ強い」と思い込んでいると、スポーツをやっていた事実だけを確認して、「だから打たれ強い」と結論づけてしまいます。

そうではなく、たとえば「スポーツに対してどんな取り組み方をしていたのか」「つらいことや苦しいことは何があったのか」「そもそもスポーツは得意なのか」「スポーツ以外の取り組みはどんなことをしていたのか」など、違う方向や反対の側面から聞いていくと、その思い込みを補強する要素も、打ち消す要素も出てきます。それらを総合判断することが大切になります。

「そんなことは当たり前で、とっくに意識している」とおっしゃるかもしれませんが、これを実践するのはなかなか難しいことです。こんなことを偉そうに書いている私自身でも、思い込みに陥ることがあります。同席していたほかの面接官に確認したり、後でやり取りを考え直したりすることがあります。常に意識していても、それでも難しいということです。

"思い込み"については、「そんなことわかっている」などと言わず、常に陥らないように意識し、他人の目からも確認してもらうということを継続していく必要があると思います。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

ogasawara_photo

ユニティ・サポート  代表/人事コンサルタント
小笠原 隆夫

経歴
東洋大学経営学部経営学科卒業後、システム開発会社(60名→850名)に入社し、開発現場のシステムエンジニア・プロジェクトリーダー職を8年間務める。その後、同社人事部で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事労務関連業務全般に約15年間従事。1994年より同部課長、1998年より同部部長として職務にあたる。2003年、2006年と2度の企業合併を経験し、それぞれ部門責任者として人事制度や社内規程関連の統合実務を担当。2007年にユニティ・サポートを設立し、出身業界であるIT系企業を中心に、人事制度構築、採用活動支援、組織活性化支援、社内研修の企画や実施、その他人事関連のコンサルティング、実務支援活動を行っている。

小笠原先生の詳細は「専門家プロファイル」でも確認いただけます。

ここがポイント ―中小企業の採用戦略」の記事

2014年03月27日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 最終回:良い採用活動とは(まとめ2)
2014年03月13日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第22回:良い採用活動とは(まとめ1)
2014年02月27日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第21回:内定者フォローの進め方(4)
2014年02月13日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第20回:内定者フォローの進め方(3)
2014年01月30日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第19回:内定者フォローの進め方(2)
2014年01月16日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第18回:内定者フォローの進め方(1)
2013年12月26日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第17回:内定出しについて(2)
2013年12月12日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第16回:内定出しについて(1)
2013年11月28日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第15回:面接での留意点(4)
2013年11月14日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第14回:面接での留意点(3)
2013年10月31日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第13回:面接での留意点(2)
2013年10月17日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第12回:面接での留意点(1)
2013年10月03日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第11回:選考プロセスの組み立て方(4)
2013年09月19日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第10回:選考プロセスの組み立て方(3)
2013年09月05日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第9回:選考プロセスの組み立て方(2)
2013年08月22日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第8回:選考プロセスの組み立て方(1)
2013年08月08日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第7回:会社理解を深めてもらう(3)
2013年07月25日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第6回:会社理解を深めてもらう(2)
2013年07月11日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第5回:会社理解を深めてもらう(1)
2013年06月20日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第4回:採用計画を考える上で(2)
2013年06月13日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第3回:採用計画を考える上で(1)
2013年05月30日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第2回:採用活動の心構え(2)
2013年05月13日
ここがポイント ―中小企業の採用戦略 第1回:採用活動の心構え(1)

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス