• TOP
  • ニュース

2017年4月28日
35歳以上マネジメント経験者に調査――76%が「育成に自信がある」


 エン・ジャパン株式会社は、同社が運営するミドル層向け転職求人サイト「ミドルの転職」にて、35歳以上のマネジメント経験があるユーザーを対象に「人材育成」についてアンケートを実施し、その結果を発表しました。有効回答数は523人。


img_127139_1.png


 「部下育成に対して自信はありますか?」という質問では、76%が「自信がある」(「とても自信がある」「どちらかと言えば自信がある」)と回答。部下を育成する上で気を付けていることを尋ねたところ、「コミュニケーションを多く取る」が70%で第1位。 「コミュニケーションを多く取ることで、部下の人間性が知れ、それぞれに合った指導を行なうことができる」(39歳女性)、「報告・連絡・相談がしやすい環境を作るために、日ごろのコミュニケーションを大切にしている」(46歳男性)、「会社の方針やビジョンをズレなく浸透させるために、話しかけるように心掛けている」(52歳男性)など、部下との信頼関係の構築のために自ら声を掛けて歩み寄っている人が多いことが見受けられます。


img_127139_2.png


 部下を育成する上で困った経験として多かった回答トップ2は「仕事に対する価値観が違う」(33%)、「自分自身が忙しく、育成する余裕がない」(28%)でした。「効果的な叱り方がわからない」(16%)、「効果的なほめ方がわからない」(8%)など育成テクニックがわからない人よりも、「中途採用で入社した社員が増え、価値観を統一するのが難しい」といった悩む人や、育成だけに向き合えないプレイングマネージャーが増えていることが目立ちました。


img_127139_3.png


 今後も人を育てる立場につきたいかを聞くと、84%が「はい」と回答。男女別に見ると、男性は84%、女性は82%と、女性よりも男性が人を育てる立場につきたい人が多い傾向が見られました。


img_127139_4.png


 調査結果の詳細はこちらから。


【お問い合わせ】
ミドルの転職
https://mid-tenshoku.com/