無料オンラインセミナー

【ウェビナー】ハイブリッドワークスタイル。見えてきた課題とその可能性

最終更新日:
2021年09月01日
21.09_レノボ・ジャパン_サムネ

なかなか収まらないコロナ禍。いま、オフィス、在宅、サードプレイスを行き来するハイブリットワークスタイルへの注目が集まっています。働く場の選択肢が増え、その中から従業員は仕事に合わせて、生産性の高まる働く場を選択する。一方で、働く場が分散することで、コミュケーションの課題、ハイブリットワークスタイルを支えるインフラの構築などの課題も見えてきました。今回のウェビナーでは、総務部門とIT部門という立場から、その課題克服の方策、あるいは、総務とITがコラボすることで、さらに生産性が高まるハイブリットワークスタイルの可能性について考えてみることにします。

本セミナーはウェビナー(オンラインセミナー)です。 お手元にPCとインターネットの環境があれば、ご自宅や職場、遠隔地からでもご参加いただけます。

セミナー概要

開催日時
2021年9月22日(水)10時30分~11時30分
参加費
無料
定員
150名
共催
レノボ・ジャパン合同会社
注意事項
※定員になり次第、締め切らせていただきます

申し込みは終了しました。

タイムスケジュール

【Program1】働き方改革で変わるオフィスの位置付けと総務の課題(10:30~10:40)

講師:『月刊総務』代表/戦略総務研究所 所長 豊田 健一

【Program2】テクノロジーの観点で変わるこれからの働き方(10:40~10:50)

講師:レノボ・ジャパン合同会社 ワークスタイル・エバンジェリスト 元嶋 亮太

【Program3】トークセッション「今こそ考えるべきハイブリッドワークスタイルの可能性」(10:50~11:30)

講師:『月刊総務』代表/戦略総務研究所 所長 豊田 健一
講師:レノボ・ジャパン合同会社 ワークスタイル・エバンジェリスト 元嶋 亮太

セミナー講師紹介

株式会社月刊総務 代表取締役社長/戦略総務研究所 所長
豊田 健一

早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルートで経理、営業、総務、株式会社魚力で総務課長を経験。日本で唯一の総務部門向け専門誌『月刊総務』前編集長。現在は、戦略総務研究所所長、(一社)ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアム(FOSC)の副代表理事として、講演・執筆活動、コンサルティングを行う。

レノボ・ジャパン合同会社 ワークスタイル・エバンジェリスト
元嶋 亮太

2016年より、法人のお客様向けの商品企画に携わる傍らで 社内のテレワーク推進をはじめとする働き方改革を、人事総務や IT部門をはじめとする各ステークホルダーと連携しながら推進。 今日では、ワークスタイル・エバンジェリストとして、自社の経験や 数百社を超えるお客さまとのディスカッションの知見を活かして テレワークスタートガイドなどの刊行物の発行や日本社会における 場所や時間にとらわれない柔軟な働き方の普及推進に向けた 活動を行っている。

お問合せ先

「月刊総務セミナー」運営事務局

TEL
080-4653-6528
受付時間
10:00~17:00 (土/日/祝日を除く)
担当
小田切(おたぎり)
E-mail
d.otagiri@g-soumu.jp

特別企画、サービス