オフィスレイアウトの変更:プロジェクト

最終更新日:2010年04月29日

オフィスレイアウトの変更:目次

オフィスの移転・レイアウト変更でまず必要なのがプロジェクト体制の構築である。業務の中心となる実務部隊である。プロジェクトの必要性とプロジェクトに権威を持たせ全社の協力を得やすくするために、役員、できれば社長をプロジェクトリーダーとして発足する。メンバー構成としては、事務局は総務部、移転対象部署からは必ず1名メンバーとして参加してもらい、各課題の進捗管理、自営工事の工程管理も含めた定例会議を毎週1回開催する。会議において、移転・レイ変で達成すべき目標、マスタープランであるスケジュールの作成を行なう。事務局が中心となり、現状調査を実施し、それを基にレイアウトに関する各種の基準設定をしていく。関連する部署として、特に、システム移転が絡む場合は、情報システム部門との連携は密に行なうことが必要である。

(執筆:『月刊総務』)

プロジェクトの内容に関連する記事

特別企画、サービス