• TOP
  • ニュース

2017年7月28日
オンライン保健室「Carely」に高ストレス者フォローメニューが登場


 iCAREは、ストレスチェックの実施から、高ストレス者のケア、集団分析までをトータルで提供するオンライン保健室「Carely」のメニューとして、「Carely ストレスチェック事後フォロー」の提供を7月26日より開始しました。


icare0728.jpg


 同社の調査によると、2015年12月より義務化されたストレスチェックに関して、高ストレスと判定された人は10.3 %でありながら、産業医面談を希望した人はわずか1.2%にとどまりました。 これは、高ストレスと判定されたにもかかわらず約9割の従業員に対して、その後のケアが行き届いていないことを意味しています。


 「Carely ストレスチェック事後フォロー」は、ストレスチェック後の高ストレス者をフォローするサービス。ストレスチェックで結果が気になる従業員を「Carely」に登録し、チェックシートに回答してもらいます。 チェックシートで高ストレスの人の状態を確認し、状態に応じて医師・保健師などの専門家が従業員をチャットでフォロー。会社から独立しているチャット相談窓口のため、従業員が困ったときにいつでも、どこでも気軽に利用できます。また、専門家が厳選したセルフケアにつながる情報を定期的に配信します。ライセンスの最低契約数は50IDで、価格は従業員1人当たり月額1,200円(初年度のみ、初期費用として従業員1人当たりり1,000円が必要)。 詳細はこちらから。


【お問い合わせ】
株式会社iCARE
https://www.icare.jpn.com/