知って得する!印紙税講座

知って得する!印紙税講座 第28回:サイバーモール出店契約書は何号文書?

堀 龍市税理士事務所 所長 堀 龍市
最終更新日:
2014年02月27日

前回までで印紙税法で定める第1号文書から第20号文書までのすべての課税文書を一通り見てきましたので、みなさんも課税文書については、だいぶイメージをもっていただけたのではないでしょうか?

今回は、ビジネスをしているとよく目にするような契約書について具体的に考えてみたいと思います。 ぜひ、みなさんも一緒に考えてみてください。

最近では実際に店舗を持たない会社がインターネット上のサイバーモールに出店を行ったり、実店舗を運営しておられる会社でもサイバーモールに出店をし物販を行うといったことも多いかと思います。

日本では、楽天やYahoo!、Amazonが有名かと思いますが、サイバーモールに出店をする際には、当然サイバーモールの運営会社と出店者の間で出店に関する取引条件を定めるために契約書を交わすことになると思います。

では、このサイバーモールの出店契約書は課税文書に該当するのでしょうか?(また、該当する場合は第何号文書でしょうか?)

正解は...

契約書の内容により、第7号文書(継続的取引の基本となる契約書)もしくは課税文書に該当しないものと考えられます。

印紙税は文書の名称だけでは、その文書が課税文書なのかどうなのかを判断することはできません。

サイバーモールにはそれぞれの出店者がもつ店舗ページへの窓口的な役割を果たすリンク集のようなものから、決済代行サービスまで提供しているものまで、様々な携帯のものがあります。 前者のリンク集的なもの、例えば、単にサイバーモール上に出店者のページを掲載することを許諾する内容の契約書であれば、これは、課税物件表のどの文書にも該当しませんので、課税文書には該当しない(不課税文書)ということになります。

対して、後者のようにサイバーモールの運営会社が商品の購入申込情報を受け付けて、これを出店者に送信するといったシステムであれば、出店者の受注業務を委託する目的で作成された契約書ということになりますので、第7号文書に該当すると考えられます。

ただし、第7号文書には「契約期間が記載されている必要があったり、契約期間が3ヶ月以内で、かつ、更新の定めのないものを除く」といった条件がありますので、不安な方は課税物件表や本コラム第22回第23回を確認してみてくださいね。

一言コラム:遺産分割協議書と印紙税

相続税法の改正による増税が世間では何かと話題になっていますね。 相続税といえば、今までは財産をいっぱい持っている人が納める税金というイメージだったと思いますが(実際に改正前の課税対象者は年間死亡者数の約4%程度でした。)、この改正により、相続税の課税対象者は1.5倍になるとも言われています。

相続税のお話はこれくらいにして...今回は相続に関する印紙税のお話をしたいと思います。 相続が起こった場合、相続人の間で遺産を分割するために「遺産分割協議書」というものを作成することになると思います。

では、この遺産分割協議書は課税文書になるのでしょうか?

「どういうこと?」と思った方のために少し補足をしますね。 通常、不動産の譲渡に関する契約書は第1号文書として課税の対象となりますよね。

では、遺産の中に不動産が含まれていた場合、その不動産を分割する協議書は不動産の譲渡に関する契約書と言えるのでしょうか... 答えは、遺産分割は不動産の譲渡ではないことから、課税文書には該当しません。

印紙税法基本通達 別表 第1課税物件、課税標準及び税率の取扱いの第1号の1文書の中にも、 「相続不動産等を各相続人に分割することについて協議する場合に作成する遺産分割協議書は、単に共有遺産を各相続人に分割することを約すだけあって、不動産の譲渡を約するものでないから、第1号の1文書(不動産の譲渡に関する契約書)に該当しない。」 と記載されています。

さて、冒頭でもお伝えしましたが、前回までで課税文書については一通りご説明をさせていただき、今回、それらを踏まえて具体的な文書の判断についてお話させていただきました。 これからは一つ一つの文書に対して、みなさんがその内容から課税文書なのか、または、第何号文書に該当するのかといったことを判断していかれることになるかと思いますが、このコラムが少しでもそのお役に立てば幸いです。

印紙税についての私のコラムは今回で一旦終了となりますが、次回からは別のコラムとして関税についてみなさんにお話をさせていただく予定です。 輸出入についてご興味のある方は、そちらのコラムで引き続きお付き合いいただけましたらと思っております。 今までありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

hori_photo

堀 龍市税理士事務所 所長
堀 龍市

経歴
大阪市出身、大阪府立大学経済学部経済学科卒。大学卒業後、父親が経営する会社に就職。父の会社で最も身近な存在であり、相談できる相手である顧問税理士が「税金の計算をするだけの人」と知って愕然とし、父の会社の解散に伴って、必死で会社を支えている社長を経営面からサポートする税理士を目指す。
その後、ランチェスター経営の竹田陽一氏に師事。
現在は「中小企業の社長と従業員とその家族が幸せになれば、世の中が幸せになる」を合言葉にクライアントの売上向上と税金対策に携わっている。

知って得する!印紙税講座」の記事

2014年02月27日
知って得する!印紙税講座 第28回:サイバーモール出店契約書は何号文書?
2014年01月09日
知って得する!印紙税講座 第27回:第17号文書とは(その2)
2013年12月19日
知って得する!印紙税講座 第26回:第17号文書とは(その1)
2013年12月05日
知って得する!印紙税講座 第25回:第13号文書〜第16号文書とは
2013年11月21日
知って得する!印紙税講座 第24回:第8号文書〜第12号文書とは
2013年10月24日
知って得する!印紙税講座 第23回:第7号文書とは(その3)
2013年10月10日
知って得する!印紙税講座 第22回:第7号文書とは(その2)
2013年09月26日
知って得する!印紙税講座 第21回:第7号文書とは(その1)
2013年09月12日
知って得する!印紙税講座 第20回:第5号文書・第6号文書とは
2013年08月29日
知って得する!印紙税講座 第19回:第4号文書とは
2013年08月16日
知って得する!印紙税講座 第18回:第3号文書とは
2013年08月01日
知って得する!印紙税講座 第17回:第2号文書とは
2013年07月18日
知って得する!印紙税講座 第16回:第1号文書とは
2013年07月04日
知って得する!印紙税講座 第15回:誤って印紙を貼ってしまった場合はどうすればいいの?
2013年06月20日
知って得する!印紙税講座 第14回:課税文書の記載金額とは(その3)
2013年06月06日
知って得する!印紙税講座 第13回:課税文書の記載金額とは(その2)
2013年05月23日
知って得する!印紙税講座 第12回:課税文書の記載金額とは(その1)
2013年05月09日
知って得する!印紙税講座 第11回:印紙税法上の契約書とは
2013年04月11日
知って得する!印紙税講座 第10回: 5万円未満の領収書に収入印紙を貼らなくてもよくなります!
2013年03月28日
知って得する!印紙税講座 第9回: 2以上の課税事項が併記又は混合している文書の所属の決定(後半)
2013年02月28日
知って得する!印紙税講座 第8回: 2以上の課税事項が併記又は混合している文書の所属の決定(前半)
2013年02月14日
知って得する!印紙税講座 第7回: 一の文書に2以上の課税事項が併記または混合して記載されている場合の文書の所属は?
2013年02月04日
知って得する!印紙税講座 第6回:印紙税の課税単位について
2013年01月17日
知って得する!印紙税講座 第5回:印紙税の納税地ってどこになるの?
2012年12月19日
知って得する!印紙税講座 第4回:課税文書を共同作成した時の印紙税は誰の負担?
2012年11月30日
知って得する!印紙税講座 第3回:課税文書の作成者とは?
2012年11月16日
知って得する!印紙税講座 第2回:印紙税の納税義務者とは?
2012年10月29日
知って得する!印紙税講座 第1回:印紙税とは

関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス