知って得する!印紙税講座

知って得する!印紙税講座 第21回:第7号文書とは(その1)

堀 龍市税理士事務所 所長 堀 龍市
最終更新日:
2013年09月26日

第7号文書とは「継続的取引の基本となる契約書」のことなのですが、その具体的な定義については印紙税法施行令第26条で定められています。

印紙税法施行令第26条は第1号から第5号で構成されていますが、今回は第1号で定められた「売買、売買の委託、運送、運送取扱い又は請負に関する基本契約書」に重点を置いてみてみたいと思います。 まず、印紙税法施行令第26条第1号に該当する第7号文書であるためには、次の5つの要件すべてに該当する文書であることが必要です。

  1. 営業者の間における契約であること
  2. 売買、売買の委託、運送、運送取扱い又は請負のいずれかの取引に関する契約であること
  3. 2以上の取引を継続して行うための契約であること
  4. 2以上の取引に共通して適用される取引条件のうち目的物の種類、取扱数量、単価、対価の支払方法、債務不履行の場合の損害賠償の方法又は再販売価格のうちの1以上の事項を定める契約であること
  5. 電気又はガスの供給に関する契約でないこと

いかがでしょう?

みなさんはこの5つの要件をみて、何か感じますでしょうか?

実は、この5つの要件を満たす文書は、実務をしていると他のある号の文書との区別に頭を悩ませるケースが非常に多いのです。

...それは、第2号文書「請負に関する契約書」です。

第7号文書の税額は一律4,000円ですが、第2号文書に該当すると記載金額により税額が変わってくるので、間違えてしまうと大変です。

例えば、機械の販売会社にその機械の保守業務を委託する契約を結んだとして、その契約書は第2号文書「請負に関する契約書」なのか第7号文書「継続的取引の基本となる契約書」なのかは判断が難しいと思います。

そんなときに役立つ基準として、国税庁が以下の判断基準を公開していますので、みなさんも頭の片隅に覚えておくと役に立つかもしれません。

  • 継続する請負で、契約金額の記載のあるもの ⇒ 第2号文書
    (例)機械保守契約で、月額の保守料金と契約期間の記載のある契約書

  • 継続する請負で、契約金額の記載のないもの ⇒ 第7号文書
    (例)機械保守契約で、契約期間の記載があるが、月額保守料金を別途、覚書で定めることにしている契約書

※代表的な例を挙げさせていただきました。詳細は国税庁ホームページをご確認ください。
※実際には文書の内容により判断することになりますので、あくまで1つの判断基準とお考えください。

一言コラム:印紙税でもできる節税!

印紙税は文書の内容によって所属が決定し、定められた金額の印紙を貼るだけだから節税なんてできないんじゃ...と思っておられる方も多いのではないでしょうか?

実は印紙税でも節税は可能なのです!

ひとつの例としては今回紹介した第2号文書と第7号文書の違いを使った方法があります。 継続する請負契約について取り決めた契約書の場合、契約金額が記載されていたり、内容から契約金額が計算できる場合には第2号文書になりますが、契約金額の記載のないものは第7号文書になります。

契約金額が500万円超1,000万円以下のような場合、第2号文書に該当すると印紙税額は10,000円になりますが、契約金額を記載しない、又は、別途覚書を交わすようにして契約金額が原契約書だけでは計算出来ないようにして第7号文書に該当するようにすれば、印紙税額は4,000円ですみます。

※覚書の書き方によっては覚書が課税文書になってしまうこともあるので注意が必要です。

ただ、印紙税を気にするあまり、せっかく作った契約書が法的に不十分なものになっては意味がありませんので、その辺は弁護士や司法書士に相談しながら作成するようにしてくださいね。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

hori_photo

堀 龍市税理士事務所 所長
堀 龍市

経歴
大阪市出身、大阪府立大学経済学部経済学科卒。大学卒業後、父親が経営する会社に就職。父の会社で最も身近な存在であり、相談できる相手である顧問税理士が「税金の計算をするだけの人」と知って愕然とし、父の会社の解散に伴って、必死で会社を支えている社長を経営面からサポートする税理士を目指す。
その後、ランチェスター経営の竹田陽一氏に師事。
現在は「中小企業の社長と従業員とその家族が幸せになれば、世の中が幸せになる」を合言葉にクライアントの売上向上と税金対策に携わっている。

知って得する!印紙税講座」の記事

2014年02月27日
知って得する!印紙税講座 第28回:サイバーモール出店契約書は何号文書?
2014年01月09日
知って得する!印紙税講座 第27回:第17号文書とは(その2)
2013年12月19日
知って得する!印紙税講座 第26回:第17号文書とは(その1)
2013年12月05日
知って得する!印紙税講座 第25回:第13号文書〜第16号文書とは
2013年11月21日
知って得する!印紙税講座 第24回:第8号文書〜第12号文書とは
2013年10月24日
知って得する!印紙税講座 第23回:第7号文書とは(その3)
2013年10月10日
知って得する!印紙税講座 第22回:第7号文書とは(その2)
2013年09月26日
知って得する!印紙税講座 第21回:第7号文書とは(その1)
2013年09月12日
知って得する!印紙税講座 第20回:第5号文書・第6号文書とは
2013年08月29日
知って得する!印紙税講座 第19回:第4号文書とは
2013年08月16日
知って得する!印紙税講座 第18回:第3号文書とは
2013年08月01日
知って得する!印紙税講座 第17回:第2号文書とは
2013年07月18日
知って得する!印紙税講座 第16回:第1号文書とは
2013年07月04日
知って得する!印紙税講座 第15回:誤って印紙を貼ってしまった場合はどうすればいいの?
2013年06月20日
知って得する!印紙税講座 第14回:課税文書の記載金額とは(その3)
2013年06月06日
知って得する!印紙税講座 第13回:課税文書の記載金額とは(その2)
2013年05月23日
知って得する!印紙税講座 第12回:課税文書の記載金額とは(その1)
2013年05月09日
知って得する!印紙税講座 第11回:印紙税法上の契約書とは
2013年04月11日
知って得する!印紙税講座 第10回: 5万円未満の領収書に収入印紙を貼らなくてもよくなります!
2013年03月28日
知って得する!印紙税講座 第9回: 2以上の課税事項が併記又は混合している文書の所属の決定(後半)
2013年02月28日
知って得する!印紙税講座 第8回: 2以上の課税事項が併記又は混合している文書の所属の決定(前半)
2013年02月14日
知って得する!印紙税講座 第7回: 一の文書に2以上の課税事項が併記または混合して記載されている場合の文書の所属は?
2013年02月04日
知って得する!印紙税講座 第6回:印紙税の課税単位について
2013年01月17日
知って得する!印紙税講座 第5回:印紙税の納税地ってどこになるの?
2012年12月19日
知って得する!印紙税講座 第4回:課税文書を共同作成した時の印紙税は誰の負担?
2012年11月30日
知って得する!印紙税講座 第3回:課税文書の作成者とは?
2012年11月16日
知って得する!印紙税講座 第2回:印紙税の納税義務者とは?
2012年10月29日
知って得する!印紙税講座 第1回:印紙税とは

関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス