ヒーローインタビュー

理念で一つになったプロ集団がすべての人に資産運用の機会を提供

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月01日
20210802_a003

2013年設立、収益不動産をメインツールとした資産運用コンサルティング事業を展開している大和財託株式会社。お客さまの「お金」に関するさまざまな悩みをうかがい、コンサルティングを経てベストな解決策を提案。実現までをワンストップで提供している。そんな専門性の高い事業を支えているのはプロフェッショナルな社員たち。いかに個のパフォーマンスを発揮してもらい、組織の成長につなげているのか。多彩な取り組みで企業理念や社訓の浸透に力を注ぐ、トップの藤原正明さんにお話をうかがった。

写真◎田口哲也
文◎石田ゆう子

編集部 新卒時は、全く違う業界に就職されていたそうですね。

藤原 元々はエンジニアになりたくて、地元の岩手大学工学部に進学し、東京に本社を置く流体制御弁メーカーに就職しました。岩手工場があったので、将来は地元で働けたらいいな、と。その一方で、自営業をしていた父の影響もあり、いつかは経営に携わりたい、そのためには中小企業の方がいいだろうとのキャリアビジョンも描きながらの就職でした。エンジニアとして入社しましたが、顧客を知るためにと営業に配属となり、広島と大阪で経験を積みました。ここで対人能力が磨かれたように思います。また、大阪のお客さまにサブコンなどがあったことから、不動産の知見を深めるきっかけにもなりました。

順調に出世もしていたのですが、20歳代後半に、地図に載るような大きな仕事がしたいという思いが強くなりました。でも、今から建築を学び直すわけにもいかない。それならデベロッパーだと、三井不動産レジデンシャルに転職。2年半、分譲マンション開発に携わりました。優秀な人が多い会社でしたから、ビジネスパーソンとして鍛えてもらえましたし、仕事はおもしろかったのですが、中途入社の自分が上を目指すには難しい会社だと実感。独立を考え始めました。一方、個人的に不動産投資を開始。コツコツと自分で勉強しながら、合計3棟の物件を購入しました。

当時はちょうど、日本が一億総中流時代から、格差社会へとかじを切ったような時代。今後、資産運用のニーズが、富裕層から会社員層まで起こってくるだろうな、と思いました。であれば、自分が経験を積んだこの不動産投資の領域は伸びていくに違いない。それでこの領域で独立しようと決めたわけです。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス