ヒーローインタビュー

空間再生流通事業で社会に貢献 時代に合わせた新しい価値を創出

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年03月10日
soumu220310100

2005年創業、遊休不動産を借り受け、貸会議室や宴会場として展開する、空間活用ビジネスを世に生み出した株式会社ティーケーピー。以来、フレキシブルオフィス事業を中心に、ホテル・宿泊研修事業、料飲・バンケット事業、イベントプロデュース事業、BPO事業など、サービス領域を拡大。このコロナ禍でも、いち早く職域ワクチン接種に貢献するなど、強みであるスピード感を武器に、新たな価値を創造し続けている。トップの河野貴輝さんにお話をうかがった。

写真◎田口 哲也
文◎石田 ゆう子

編集部 キャリアのスタートは伊藤忠商事株式会社の為替証券部ですね。元々、金融系にご興味がおありだったのですか?

株式会社ティーケーピー 代表取締役社長 河野 貴輝輝(かわの たかてる)さん
河野 貴輝(かわの たかてる)さん
1972年大分県大分市生まれ。1996年慶應義塾大学商学部卒業後、伊藤忠商事株式会社為替証券部を経て、1999年日本オンライン証券株式会社(現auカブコム証券株式会社)設立に参画。2000年イーバンク銀行株式会社(現楽天銀行株式会社)執行役員営業本部長などを歴任。2005年8月株式会社ティーケーピー設立。代表取締役就任。大分トリニータ筆頭株主として地域活性に寄与する活動も推進。

河野 学生の頃から為替や株など、動くものが好きで、ディーラーに憧れて職に就きました。そのうちにインターネットが普及してきて、個人で株の売買をする人が多くなってきました。そこで、伊藤忠の社内ベンチャーとして日本オンライン証券株式会社(現auカブコム証券株式会社)設立に携わり、その後、イーバンク銀行株式会社(現楽天銀行株式会社)の立ち上げに参画しました。

編集部 そこから貸会議室という異なる業界に参入されたきっかけは何だったのでしょう。

河野 まず、インターネットだけで銀行や証券会社がつくれて顧客を集められたことから、インターネットの集客力はすごいと実感し、それをBtoBに応用できないかと考えたことがきっかけです。そして、取り壊しが決まっているビルがあって、取り壊すまでは使えるのに、使わないのはもったいない、時間貸しの会議室スペースにできないかと思いついて始めたのがこの会社です。

空間シェアリングビジネスのリーディングカンパニー

編集部 そうした事業をしている会社はほかにあったのでしょうか。

河野 いいえ。当時、空いているスペースは使わなかったら終わりというのが当たり前でした。でも、時間貸しの人からすれば、明日取り壊されていても関係ない。当社が、取り壊しが決まっているビルをたとえば3か月後に出ていくという契約で借り受け、3か月後まで毎日インターネットでお客さまからの予約を取り続ける。これなら取り壊されるギリギリまで使用できます。インターネットで集客できるので営業もいりません。同じ発想で、土日しか使っていない結婚式場を、平日は企業のホールとして利用してもらう事業も始めました。

編集部 会社の目標として、「IT・金融ツールを活用して社会の価値を創造する革命企業!」を掲げていますが、この金融ツールとは?

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス