ヒーローインタビュー

すべての人の「はたらく」に革新を 人事システムのリーディングカンパニー

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月23日
202109_008_ogp

製品誕生から25年の大手企業向け統合人事システム「COMPANY®」の開発・販売・サポート、HR関連サービスの提供を行っている株式会社Works Human Intelligence(以下、ワークスHI)。常に進化し続ける製品によって、HRテック業界をけん引。ミッションである「『はたらく』を楽しむ」社会を実現するために、まずは、同社の社員自身が成長し、「はたらく」を楽しむことを目指している。CCOの中込純さんにお話をうかがった。

文◎石田ゆう子
写真◎田口哲也

編集部 スタートは、三井物産株式会社ですか。

中込 はい。33年ほど勤め、いちばん長くいたのは情報産業部門です。当時の日本の情報産業は、エレクトロニクス系の時代。そこからデバイス、素材系、ハード、ソフト、データの扱いといった知識集約型の産業になり、企業も情報産業周りのサービスへとシフトしていく中、ある日突然、BPOの会社の社長を拝命。そこから、ずっとサービス系の会社をやらせていただいています。

また、コールセンター大手の、りらいあコミュニケーションズ株式会社のトップも務めました。たまたま同社が、「COMPANY®」のユーザーで、当時から、複雑な有期雇用従業員の給与計算に対応できていたのは、すごいと思っていました。私はシステムの細かいところまで触れたわけではないのですが、「せっかくいいソフトなのだから、周りのサービスを充実させればもっと良くなるのでは」という意見はよく伝えていました。

その後、「COMPANY®」事業を前身の会社から継承する形でワークスHIが発足。今後はHR領域に特化し、より顧客重視で展開したいとのことから、私に声が掛かったという次第です。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス