ヒーローインタビュー

金融ビジネスも働き方も変革 目指すは、幸せ創出カンパニー

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年01月14日
soumu220114000

大丸松坂屋カードなどのクレジットカード業を中心に、J.フロントリテイリンググループの決済・金融事業を担っているJFRカード株式会社。グループビジョン「くらしの『あたらしい幸せ』を発明する」の下、お客さまの充実した暮らしを実現する金融サービスを提供。2019年には、テクノロジーカンパニーに進化していくとの思いを体現した東京オフィスをオープン。そのフレキシブルな空間が、事業と働き方に新風を巻き起こしている。トップの二之部守さんにお話をうかがった。

写真◎田口 哲也
文◎石田 ゆう子

編集部 最初にご経歴からお聞かせください。

二之部 守(にのべ まもる)さん
二之部 守(にのべ まもる)さん
1986年3月東京大学文学部卒業。1991年5月ニューヨーク大学経営大学院MBA修士課程修了、ファイナンス専攻。1986年4月アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド日本支社入社。アメックス・カード・サービス株式会社代表取締役社長などを歴任後、ほか企業勤務を経て、2018年3月JFRカード株式会社代表取締役社長兼J.フロントリテイリング株式会社執行役(現任)。

二之部 大学卒業後、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドに入社し、21年勤めました。その後も外資系企業に勤め、個人でも事業をし、スタートアップのお手伝いも。そして3年前、縁あってJFRカード株式会社に来ました。ずっと外資系にいて、日本の上場企業に来るのは、なかなか珍しい経歴かな、と思っています。

編集部 外資系から日本企業に移ると、生産性の低さなどの課題を感じることもあったのでは?

二之部 どんな企業にも強みと課題はあると思います。当社の場合、大丸・松坂屋のカード会社として歴史ある企業ですから、ブランド力、信用力という強みがあります。一方、歴史ある会社ゆえに、なかなか変われない部分もある。百貨店業界自体、1970年代、1980年代に非常に成功した業界ですので、その成功体験が、変革への障害になっている部分はあるでしょう。それが生産性にも影響はしているかもしれません。

編集部 とはいえ、時代に合わせて進化し続けてきたからこそ、今の大丸・松坂屋があるのだと思います。特にカード業界は非常に変化が激しい業界ですよね。

二之部 そうですね。特にここ10年ほどは、テクノロジーの進展とともに大きく変わってきています。昨今でいうと、コロナ禍での巣ごもり需要、オンラインショッピングなどで、決済の場面が非常に変わってきています。一貫していえることは、30数年間、クレジットカード業界は、市場が大きくなり続けているということ。こんな業界はあまりありません。これは幸運なことです。

編集部 そんなカード事業を核にしつつ、さらなる事業展開を考えていらっしゃるようですね。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス