ヒーローインタビュー

医師不足という社会課題に挑む 医師が手掛ける医療ベンチャー

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年04月11日
soumu20220411000

2000年創業、医療人材と医療機関のマッチングサービスや、遠隔診療アプリ「ポケットドクター」などを手掛けるMRT株式会社。取締役の半数以上が医師という医療のプロ集団であり、現在、全国の医療機関に1日約1,000人の医療従事者を紹介。コロナ禍の今、ワクチン接種サポートなどでも活躍している。そうした社会的価値あるサービスを支える人材の確保、育成のために、2017年にアルムナイ採用を導入。現役の医師でもあるトップの小川智也さんにお話をうかがった。

写真◎田口 哲也
文◎石田 ゆう子

編集部 医師だったところから御社に入られたそうですね。その理由を含め経歴からお聞かせください。

MRT株式会社 代表取締役社長 小川 智也(おがわ ともなり)さん
小川 智也(おがわ ともなり)さん
1973年三重県生まれ。2004年山田赤十字病院入職。大阪府立千里救命救急センター入職。2005年国立病院機構大阪医療センター救命救急センター入職。2012年英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA取得。2015年MRT株式会社取締役副社長。2019年同社代表取締役社長就任。ほか、株式会社CBキャリア(現株式会社日本メディカルキャリア)取締役。2020年Vantage株式会社代表取締役。土日は非常勤医師として勤務。

小川 元々、救命救急医として大阪の現場で働いていました。とてもやりがいを感じていたのですが、日々、患者さんと向き合ううちに、そもそも病気にならないために何かできないかと思うようになり、東京で、救命救急医と並行して予防医療の勉強を始めました。

そのとき、同じ救命救急であっても大阪と東京とでは仕組みが異なることを経験し、日本全てで同じ医療を提供できているわけではないことに気付きました。そういったところを改善できないか。現場で私が感じたことを、何かいい方向に変えていくことに生かせないかと、医療システムの改革ということに興味を持ち始めたことが、入社のきっかけです。

編集部 ここでなら、それを目指すことができそうだと?

小川 「小医は病を癒し、中医は人を癒し、大医は国を癒す」という言葉があるのですが、私は大医につながることをやりたかった。当社に参画し、医療システムを変えていくことが、大医につながると思いました。

編集部 MBA取得も大医を実現するために?

小川 ビジネスの基本知識が全くない状況でしたから。第一線で働いている方々が集まる場所で学ばせていただくことが、最も効率がいいだろうと、思い切って飛び込みました。

医師と医療機関とのマッチングサービスをクラウドで提供

編集部 では、御社の事業ドメインについて教えていただけますか。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス