総務の引き出し(防災)

「群衆雪崩」への備えと対策

ソナエルワークス代表  高荷 智也
最終更新日:
2022年01月17日
soumu220115000

前回のコラムでは、大地震による恐ろしい二次災害の一つである、地震火災について解説しました。今回は同じ大地震によるもう一つの二次災害、群衆雪崩と呼ばれる被害と対策についてお話しします。

群衆雪崩とは何か

群衆雪崩とは、人がたくさん集まることで発生する事故の名称であり、最悪の場合は短時間に大量の圧死者・窒息者が生じることもある現象です。近い将来の発生が想定されている、首都直下地震をはじめとする都市部の大地震においても発生の可能性が指摘されています。

過去に発生した群衆雪崩

日本で発生した群衆雪崩の事例として最悪だったものの一つが、2001年7月21日に兵庫県明石市で発生した、「明石花火大会歩道橋事故」です。

この日、JR神戸線の朝霧駅南側にある海岸で花火大会が行われました。この会場と最寄り駅である朝霧駅は、国道をまたぐ1本の太い歩道橋でつながれていましたが、駅から会場へ向かう客と会場から駅へ帰宅する客が合流して大変な混雑となり、群衆雪崩が発生、子供9人を含む11人が死亡、247人が負傷するという大惨事に発展しました。このとき、歩道橋上の人の密度は、1m2当たり13人を超える超過密状態だったと想定されています。

明石花火大会歩道橋事故が生じた朝霧歩道橋
明石花火大会歩道橋事故が生じた朝霧歩道橋。写真中央に慰霊碑が見える。この広い歩道橋を数千人の客が埋め尽くし、群衆雪崩が発生した(筆者撮影)

群衆雪崩が発生する状況

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

t_takani_2017

ソナエルワークス代表
高荷 智也

備え・防災アドバイザー/BCP策定アドバイザー。「自分と家族が死なないための防災対策」と「企業の実践的BCP策定」のポイントを解説するフリーの専門家。講演・執筆・コンサルティング・メディア出演など実績多数。本誌にて「総務の引き出し:防災」を連載中。

関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス