総務の引き出し(防災)

企業の防災備蓄(5) 寝具・各種用品の備蓄

ソナエルワークス代表  高荷 智也
最終更新日:
2021年11月16日
somu211116000_02

これまで、災害時に事業所へとどまるための備蓄品として、非常用トイレ・保存水・保存食の選び方を紹介しました。今回は備蓄シリーズの最終回として、社内に宿泊するために必要な寝具と、そのほかあると望ましい道具について見ていきます。

寝具について

「寝具」の準備というと大げさに聞こえるかもしれませんが、簡単にいえば停電対策です。とりわけ冬場に停電して暖房器具が使えない事業所で夜を越す状況において、必要な道具を用意すると考えてください。理想的には、1人につき1枚の毛布を準備することですが、毛布はかさばるため保管スペースが必要で、また各種備蓄品の中では比較的高価です。何がなんでも毛布を準備するのではなく、予算やスペースに合わせてグレードを調整してください。

毛布と併せて準備をしたいアイテムがマットです。床からの冷気を遮断し、寝転んだ際の快適性を大きく向上させます。暖房が不要な季節には、毛布よりもマットがある方が快適に眠ることができます。床の上に直接横になることは、体力維持の面はもちろんメンタル面でも避けたいので、できれば毛布・マットはセットで準備しましょう。

寝具選びの考え方

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

著者プロフィール

t_takani_2017

ソナエルワークス代表
高荷 智也

備え・防災アドバイザー/BCP策定アドバイザー。「自分と家族が死なないための防災対策」と「企業の実践的BCP策定」のポイントを解説するフリーの専門家。講演・執筆・コンサルティング・メディア出演など実績多数。本誌にて「総務の引き出し:防災」を連載中。

特別企画、サービス