総務の引き出し(防災)

「地震火災」への備えと対策

ソナエルワークス代表  高荷 智也
最終更新日:
2021年12月09日
soumu221209100

前回までのコラムでは、大地震などが発生した際に「帰宅を始めない」ための計画や備蓄品の紹介をしてきました。 今回は、徒歩帰宅を危険にする要素、大地震発生時に都市部で発生しやすい二次災害「地震火災」について解説します。

地震火災とはなにか

大地震などの災害で火災が発生した場合、消火活動が間に合わず、火災が大規模化することがあります。このように大地震を原因とする大規模な延焼火災を「地震火災」と呼び、地震被害を拡大する二次災害として特に警戒されています。

都市部で地震火災が生じる理由

地震火災が発生しやすいのは、木造住宅密集地域、通称「木密地域」と呼ばれるエリアです。

木密地域の多くは古い住宅地であり、狭い路地が入り組んでいたり、旧耐震基準の古い家が密集していたりします。このような地域を大地震が直撃すると、木造住宅が倒壊して「薪の束」状態となり、かつガレキが狭い道路をふさぐため、避難や消防車の進入が困難になります。この状況で火災が発生すると、周囲に次々と延焼し、大規模な地震火災へ発展してしまいます。こうした地域が、都市部をはじめ日本各地に存在するのです。

火災旋風という災害

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

t_takani_2017

ソナエルワークス代表
高荷 智也

備え・防災アドバイザー/BCP策定アドバイザー。「自分と家族が死なないための防災対策」と「企業の実践的BCP策定」のポイントを解説するフリーの専門家。講演・執筆・コンサルティング・メディア出演など実績多数。本誌にて「総務の引き出し:防災」を連載中。

関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス