総務の引き出し(防災)

台風・大雨に備える2022(4) 停電対策の方向性と実践

ソナエルワークス代表  高荷 智也
最終更新日:
2022年10月25日
gs221025100

大雨や台風は、浸水や土砂災害といった直接被害だけではなく、インフラに対する影響も生じさせます。暴風を伴う台風は大地震以上に、広域の「停電」をもたらすことも多く、対策が必要になります。

「台風・大雨に備える2022(1) 水害対策の前提……対応方針を策定する」はこちら
「台風・大雨に備える2022(2) 浸水対策を実施する」はこちら
「台風・大雨に備える2022(3) 水害情報の収集と避難」はこちら
「台風・大雨に備える2022(5) 台風進路予想の見方と活用」はこちら

停電対策の方向性について

家庭においても企業においても、停電対策の方向性は2つに分けられます。

電気を代替する手段の準備

1つは、電気の「機能」を「道具や運用」で代替する方法です。たとえば家庭の防災対策では、調理家電の代替として「カセットガスコンロ」を用意する。熱中症対策として「うちわ・スポーツドリンクの粉」を備蓄する。冬場のエアコンやファンヒーター停止に備えて「反射式の石油ストーブ」を日頃から使う、といった具合です。

企業がBCPの一環で「電気の機能を代替」する場合も考え方は同じです。基本的には「停電時に手作業」をするために、何を準備しておけばよいのか、どんな設備・資材があれば対応できるのかを検討します。POSレジの停止に備えて電卓と帳面を用意しておく。設備が停止した際には手動で動かせるようにしておく、といった対応が考えられます。

電気そのものの準備

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

gs-takani2303

ソナエルワークス代表
高荷 智也

備え・防災アドバイザー/BCP策定アドバイザー。「自分と家族が死なないための防災対策」をテーマに、堅く思われがちな防災をわかりやすく伝える活動に従事。「企業の実践的BCP策定」ポイントを解説する専門家でもある。講演・執筆・コンサルティング・メディア出演など実績多数。防災系YouTuber、Voicyパーソナリティーとしても活躍中。

備える.jpそなえるTVそなえるらじお

総務の引き出し(防災)」の記事

2023年03月01日
2022年の災害・防災総括と2023年度へ向けての考え方
2023年01月26日
もし停電になってしまったらどうすべき? 冬の防寒・暖房対策

関連記事

  • 事例:創業400年の老舗旅館が紙を撤廃! クラウド導入で人事労務業務の時間・工数が半分以下に PR
  • 車両工事不要! アルコールチェックとエンジン始動の連携で酒気帯び運転ゼロへ! PR
  • 導入する企業・施設が増加中のAED 設置場所やメンテナンスのポイントは? PR

特別企画、サービス