総務の引き出し(デジタル化推進)

口座残高の上限や払い戻し期限に注意! デジタル給与払いで気を付けておくべき7つのポイント

日本クラウドコンピューティング株式会社 代表執行役 ITコンサルタント 清水 圭一
最終更新日:
2023年04月27日
20230405a_00

2023年4月から賃金のデジタル払いが可能となりました。従来の労働基準法では、賃金は現金払い、もしくは(従業員が同意した場合は)銀行口座等への振り込みが認められてきました。今回の改正では、キャッシュレス決済の普及や送金手段の多様化のニーズに対応するために、(従業員が同意した場合は)資金移動業者の口座への支払いも認められることになりました。今回は、デジタル給与払いにおける注意点と、雇用主と従業員側のメリット、デメリットについて解説していきます。

〇〇Pay、○○払い。全てのサービスでデジタル給与払いは可能?

今回、新たにデジタル払いが可能になるのは、銀行以外で送金サービスを提供する〇〇Payや○○払いといった決済サービス口座への賃金の支払いです。これらのサービスを提供する銀行以外の事業者は資金移動業者と呼ばれ、財務省関東財務局の発表によれば、日本国内では約80業者があります。

デジタル給与払いは、この中のどの事業者でも可能なわけではありません。デジタル給与の支払い先として希望する資金移動業者が、2023年4月以降に厚生労働大臣に指定申請を行った上で、厚生労働省が審査し、事業者を指定するため、実際に対応可能な事業者指定の決定はこれからです(本記事を執筆している2023年3月の時点では、いくつかの事業者が指定申請をすることを発表しています)。

デジタル給与払いにおける7つの注意点

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

総務の引き出し(デジタル化推進)」の記事

2024年03月26日
総務業務でも活用できる 人工知能と5Gの普及で注目が高まる「エッジコンピューティング」とは
2024年02月26日
災害時の通信手段、準備してる? 能登半島地震でも役立った「スターリンク」とは
2024年01月26日
3月・4月は「ランサムウエア攻撃」に要注意! 3つの感染経路別対策と感染時の対処法4ステップ
2023年12月21日
採用、税務、社外広報など業務ごとに解説! 総務業務で効果が期待できる「生成AI」活用方法
2023年11月22日
年末年始に高まるネット詐欺や情報漏えいのリスク 総務担当者が休暇前に対応すべきことはこの4つ
2023年10月24日
日本企業の約7割が課題とする「デジタル人材不足」を解消 人材確保と育成における有効施策と展望
2023年09月22日
デジタル化推進は何から取り組むのが正解か ―― 経営陣を納得させる答えは「自社の中にある」
2023年08月24日
電話をかけたらマナー違反? 音声通話、メール、チャット…コミュニケーションツールの使い分け方
2023年07月20日
「スマートトラッカー」の企業活用術:総務部門を助ける新たな備品管理方法とは?
2023年06月19日
それ、本当に「同意」して大丈夫? Cookie ポップアップを出すWebサイトが増えている背景
2023年05月18日
ポケットWi-Fiの契約はコスト削減にならない? リモートワークにおけるテザリングのススメ
2023年04月27日
口座残高の上限や払い戻し期限に注意! デジタル給与払いで気を付けておくべき7つのポイント
2023年03月02日
決算業務に大きな影響を与える 財務会計システムの選定方法
2022年12月22日
スマートフォン値上げによるITコスト増を防ぐ
2022年10月26日
キャッシュレスから始める、総務部門のデジタル化推進
2022年08月23日
最低限のIT BCPを検討する
2022年06月20日
「2025年の崖」を克服する
2022年05月13日
メタバース時代にどう備える? 企業における活用法

関連記事

  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR
  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR

特別企画、サービス