総務の引き出し(SDGs)

SDGsの担い手としてあるべき姿勢とは

小樽商科大学大学院 商学研究科 准教授 泉 貴嗣
最終更新日:
2022年11月24日
gs221124100

企業がSDGsの実現へのアクションを進めるには、社外の環境問題や社会問題に取り組むだけでは不十分です。企業も社会を構成する一つのパーツである以上、法令などの社会のルールを守るとともに、社会の期待に応えて組織をマネジメントする、いわゆるコンプライアンスが求められます。SDGsの担い手としてふさわしい企業になるには、社会のさまざまなルールを的確に理解し、それを組織内部のマネジメントにしっかり生かすことが重要です。そこで今回は、そのあるべき姿勢について考えてみましょう。

SDGsの時代の顧客のニーズ

企業がその本業で環境問題、社会問題を解決するビジネスを確立する。つまり【ビジネスのプロセス=SDGs実現のプロセス】にすることは、社会のサステナビリティにとって非常に重要であるだけでなく、顧客からのニーズになりつつあります。

今までも顧客が調達(購買)時に法令遵守を求めていましたが、今はサステナブル調達の潮流もあり、これに加えて調達先企業の人権問題の予防など、より幅広い取り組みを求めています。これらの顧客のニーズは経営課題であるとともに、SDGsの各ゴールやそれらに付随する各ターゲットと密接にかかわっています。かつて企業は「QCD」、いわゆる品質、コスト、納期の3つが優れていれば顧客から選ばれると考えられていましたが、現在の顧客ニーズは従来のQCDにとどまらず、取引相手に高い社会性を求めるようになっています。

また、以前に言及した「将来の従業員」である若者の企業観・労働観の変化も、労働市場が企業に高い社会性を求めている要因と理解すべきでしょう。もはや企業は、製品やサービスの機能が優れているだけで評価される時代ではありません。SDGsの時代においては、その担い手である企業の社会性も顧客などのニーズとなっているのです。だからこそSDGsの担い手である企業は、コンプライアンスの実現を通じて、自社の社会性を高めることが重要な経営課題となるのです。

法令遵守だけでは不十分

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

画像なし

小樽商科大学大学院 商学研究科 准教授
泉 貴嗣

コンサルタントとして自治体のCSR政策や中小企業のサステナビリティ経営の支援、上場企業の常勤監査役などを経て現職。そのほかNPOを支援する公益財団法人の理事を兼務。著書に『やるべきことがすぐわかる! SDGs実践入門〜中小企業経営者&担当者が知っておくべき85の原則』(技術評論社)など。

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス