総務の引き出し(SDGs)

企業のSDGsとのかかわり方

小樽商科大学大学院 商学研究科 准教授 泉 貴嗣
最終更新日:
2022年03月15日
soumu220315100

2022年現在、ビジネスシーンで「SDGs」という言葉を聞かない日はありません。SDGsをちょっと調べてみると、貧困や気候変動など、社会にとって大切だけど、「自分たちには縁遠いなあ」と感じられるかもしれません。しかし、このSDGsは今やビジネスの「共通言語」であり、中小企業にとっても非常に重要なテーマです。そこで、今回は企業におけるSDGsの重要性について考えてみましょう。

そもそもSDGsって何?

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、2016年から始まった持続可能な世界をつくるために国連における議論を経て策定された国際目標です。SDGsは主に発展途上国の問題に取り組むMDGs(Millen-nium Development Goals:ミレニアム開発目標)を前身とし、世界的な環境問題や社会問題の深刻化に対して、あらゆる組織と個人のチャレンジで2030年までに実現すべき目標(=解決すべき課題)として示されました。

SDGsは17の目標、169のターゲット、232(重複あり)の指標から構成され、これらは私たちの生活とビジネスのサステナビリティ(持続可能性)と大きくかかわっています。たとえばゴール1の「貧困をなくそう」について考えてみましょう。社会に貧困層が増えれば、それは市場の縮小や購買力の低下をもたらすとともに、貧困対策のための社会保障費の増大を招きます。そうなれば企業は市場と顧客を失い、社会保障費のさらなる企業負担が求められます。ゴール13の「気候変動に具体的な対策を」も同様で、気候変動を放置すれば自然災害の頻発化により自社の災害リスクが増大します。これらの問題は企業規模の大小や業種に関係なく共通するリスクです。つまり、SDGsが示している目標は、決して企業やビジネスと無関係ではないのです。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

画像なし

小樽商科大学大学院 商学研究科 准教授
泉 貴嗣

コンサルタントとして自治体のCSR政策や中小企業のサステナビリティ経営の支援、上場企業の常勤監査役などを経て現職。そのほかNPOを支援する公益財団法人の理事を兼務。著書に『やるべきことがすぐわかる! SDGs実践入門〜中小企業経営者&担当者が知っておくべき85の原則』(技術評論社)など。

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス