総務の引き出し(労務管理)

労災保険の特別加入の対象拡大

岡田人事労務管理事務所 所長、(株)ワーク・アビリティ 代表取締役 岡田良則
最終更新日:
2021年09月17日
202110_029_ogp

働き方が多様化し、フリーランスとして働く人も増えていることなどから、2021年4月から、労災保険の特別加入制度の対象が大幅に拡大されることとなりました。本稿では、特別加入制度の主なポイントについて解説していきます。

特別加入制度とは

労災保険は、労働者が仕事や通勤によってケガをしたり病気になったりしたときに補償する制度です。基本的には「労働者」が対象で、事業主(個人事業主を含む)は対象外なのですが、一定の要件を満たす場合に事業主も任意加入できることになっています。これを「特別加入制度」といいます。

特別加入制度には図表の通り、4つの種類があります。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

著者プロフィール


特別企画、サービス