総務の引き出し(コミュニケーション)

コミュニケーションの基本の「き」。「報・連・相」を徹底しよう

株式会社ヴィタミンM 代表取締役 鈴木 真理子
最終更新日:
2022年05月19日
soumu20220519100-1

仕事はたった1人では完結しないため、社内や社外の人たちとうまくコミュニケーションを取りながら進めることが大切です。目標を達成するために、またミスなく効率よく仕事をするために必要とされるのが、「報・連・相」です。

「報・連・相」とはどんなこと?

「報・連・相」はホウレンソウと読み、「報告・連絡・相談」を意味する言葉としてよく使われています。

報告

「仕事は指示に始まり、報告に終わる」といわれています。これは、指示を受けたら報告をもって仕事が完了したと見なされる、という意味です。このようにビジネスパーソンにとって報告は欠かせませんが、実際のところ忘れやすいのも事実です。各社の管理職の方に話を聞くと、「部下から報告が上がってこない」と不満を漏らす人が多くいます。部下は報告しているつもりでも、上司にとってもの足りなければ、部下は報告の仕方を改める必要があります。

報告には、「終了報告」と「中間報告」があります。「終了報告」は、仕事が終わったら速やかに指示した人に報告をすることです。「中間報告」は、仕事が完了する前に、途中で行う報告のことです。中間報告をすれば、上司は部下の仕事が予定通りに進んでいるかを把握し、うまくいっていない場合はほかのメンバーにフォローをお願いするなどの対策を講じることができます。

とはいえ、中間報告はいつすればよいのか悩むこともあるでしょう。次の5つを参考にしてみてください。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

画像なし

株式会社ヴィタミンM 代表取締役
鈴木 真理子

三井海上火災保険株式会社(現三井住友海上株式会社)勤務を経て起業。ビジネススキルの研修を行っている。新著は『「速く」「短く」「感じよく」メールを書く方法』(明日香出版社)。
株式会社ヴィタミンM Webサイト

関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス