総務の引き出し(広報)

ニュースでよく見る「公表遅れ」、批判されやすいのはどういうとき? 4つのタイプで紹介

株式会社タンシキ  代表取締役 秋山 和久
最終更新日:
2024年04月04日
202403n_00

日々、さまざまな不祥事が報道されています。最近は、不正アクセスや品質・データ偽装、営業秘密の持ち出し、経営層によるハラスメント行為などが目立っています。一方、企業の総務・広報担当者として働いているみなさんにとって、公表が必要になる不祥事に直面する機会は決して多くないでしょう。私は、ある組織で7年近く広報担当者として働いていましたが、公表が必要な不祥事は一度も発生しませんでした。いざ公表要否の検討が必要な不祥事が発生すると、どのようなタイミングで公表すればよいのか判断に迷います。公表した場合、不祥事自体に対する批判は避けることはできませんが、「公表の遅れ」を報道機関や世間から批判されないようにしたいものです。今回は、不祥事発生時の公表遅れの批判を招きやすいケースや公表のタイミングを考えるポイントなどを紹介します。

公表の遅れを批判された事例

2015年以降に、報道で「公表が遅れた」ことについて言及された事案を調査しました。該当する事案は30件以上ありましたが、いくつか代表的なものをピックアップします。

最も古いものは2015年の年初に公表があった、日本マクドナルド株式会社の異物混入騒ぎです。当時、日本マクドナルドでは、異物混入が立て続けに発覚していましたが、過去に起きていた事象を、後から公表したことで批判の声が上がりました。該当事案では、日本マクドナルドが問題を把握したのは2014年8月で、公表したのは2015年1月。つまり、約5か月経ってから公表されたのです。「安全性に問題がない」など、非公表とした理由は明確にされていたのですが、食品は直接的に身体に影響を与える恐れもあり、すぐに公表すべきだったと批判的に報道されたケースです。

最近の代表的な事例は、三井石油開発株式会社の蒸気噴出です。北海道で地熱発電の資源量を調べる採掘作業中に蒸気が噴出し、高濃度のヒ素が検出されました。蒸気が噴出したのは、2023年6月29日。三井石油開発は、当日中に蒸気が噴出している事実関係を第一報で公表しました。このときは「人的被害なし」としています。一方、7月4日になって、6月29日の蒸気噴出時に、現場敷地内に配送のため訪れていた人が体調不良を訴えて入院していたこと、さらに硫化水素中毒と診断されていたことを公表しました。同社は不安をあおることを防ぐため公表を控えたとしましたが、公表の遅れを強く批判されました。健康被害については、同社が問題を把握してからおよそ5日後に公表したということですが、当初は人的被害なしと公表していたことも相まって批判が強まったといえるでしょう。また、その後も7月3日に蒸気の噴出現場直下に滞留していた水たまりでヒ素が検出され、敷地外に放出したことを7月6日に公表。事前に知らせることなく放出したことについて、近隣住民、広域・基礎自治体、報道機関から激しく批判されました。

また、東京電力の福島第一原子力発電所事故における炉心融解や新型コロナウイルス関連の問題についても、公表遅れの報道が多くありました。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

k_akiyama

株式会社タンシキ  代表取締役
秋山 和久

媒体側(記者)、受注側(PR会社・Web制作)、発注側(事業会社)の3つの立場を経験した社内・社外広報コンサルタント。戦略・計画策定、組織づくり、活動評価、実務の助言等を行う。広報専門部署の支援から、総務が広報を兼任する企業の支援まで多数の実績あり。

総務の引き出し(広報)」の記事

2024年05月09日
不祥事報道が続く今こそ知りたい「危機管理広報」 素早く正しい情報を届けるための3つのポイント
2024年04月04日
ニュースでよく見る「公表遅れ」、批判されやすいのはどういうとき? 4つのタイプで紹介
2024年03月04日
不正相次ぐトヨタグループから学ぶ 子会社の不正を親会社として公表すべきか判断する4要素
2024年02月09日
定番企画の見直しで社内報はもっと活用できる 3つの工夫で今年はいつもと違う「新入社員紹介」に
2024年01月10日
「季節のイベントや記念日」にこそマスコミ受けするネタがある! 時節を意識した自社PRの方法
2023年12月13日
情報管理のずさんさだけじゃない NTT西日本子会社の広報対応における2つの問題点
2023年11月01日
何がいけなかった? ビッグモーター、ジャニーズ事務所の会見から考える危機管理広報の備え
2023年10月17日
上半期の振り返りは経営トップの意図を伝えるチャンス 従業員に刺さるメッセージのポイント
2023年09月07日
ESG情報開示や採用にも有効! 研修・社内イベントの取り組みを社外に発信すべき理由
2023年08月22日
【9月1日は防災の日】関東大震災から100年を契機に進めておくべき危機管理広報の取り組み
2023年07月10日
離職防止にも効果的! 今からでも「夏休み」に間に合う「家族向け」社内広報施策
2023年06月12日
新役員メッセージをどう伝える? 6月下旬ピークを迎える株主総会。開催後の社内広報のポイント
2023年05月11日
法改正の周知だけでは不十分。男性育休取得をあと押しする社内広報のポイントとは
2023年04月10日
社内広報担当者の4月の悩みのタネ 「期末決算」「業績」における3つの周知方法
2023年03月03日
「1対N」での活用はNG。企業広報におけるSNS 活用の肝
2023年01月30日
企業サイトリニューアル成功の秘訣
2022年12月23日
企業サイトリニューアルの進め方
2022年11月25日
企業サイトの効果を最大化する4つの運用ポイント
2022年10月27日
広報担当者が知っておきたい、企業サイト活用の潮流
2022年09月27日
広報担当者が知っておきたい、企業サイトの品質の考え方
2022年08月24日
報道対応の成果を出すためのアプローチ方法
2022年07月25日
プレスリリースに頼らない、マスコミ向けの情報発信手法とは
2022年06月21日
報道につながるプレスリリース(2)
2022年05月18日
報道につながるプレスリリースとは(1)
2022年05月16日
社外広報担当者が知っておくべき記者の仕事とニーズ
2022年03月16日
明日から使える広報実践術
2022年02月08日
組織の「一体感」を醸成する社内広報(2)
2022年01月18日
組織の「一体感」を醸成する社内広報(1)
2021年12月07日
従業員エンゲージメントが定着した背景

関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス